バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
PENTAX QとQ7の暗所比較
QとQ7で解像およびレンズとの相性については概ね理解したつもりだが、サンプル画像は晴れた日中という光量たっぷりの条件だった。
では、夜の撮影など暗所性能、特にセンサーノイズはどのような傾向なのかを簡単に調べてみた。
深夜の街中で三脚を構えてカメラを取っ替え引っ替えしていると通報されかねないのでモデルを可動戦士ザクにして室内で撮影。
顔付近の黄色の枠部分を拡大して比較する、またしても安易で稚拙な手法。
ISO100/200/400/800/1600/3200(Qのみ1600まで)で撮影し、機種はPENTAX Q+01/PENTAX Q7+02/Pnasonic DMC-LX3の3機種で35mm判換算47mm相当の画角で撮影して比較した。(D40やD700などはQ/Q7よりもノイズが少ないと分かり切っているので割愛。)

まずはカメラ本体が吐き出すJPEG画像のみで比較。
画像処理のノイズリダクションが効果的に働いてディティールが崩れて行くものの、ISO感度を上げて行っても気になるレベルはかなり上の方だった。
Q7だとISO800から1600あたりが境界線と思われ、個人的にはISO800なら常用してもいいと感じている。
Qは意外に健闘したと思える結果になり、ISO800あたりからディティールが崩れて行くのを実感できるが、ISO1600でようやく我慢できないと思われる崩れ方だ。
ともかくディティールを切り崩しながらもノイズ感を打ち消して「見れる」画像に仕上がっている。
尚、PENTAX Qは数字で設定できるISO感度が1600までだったので、余ったスペースに参考画像としてNikon D40のISO1600時のJPEG画像を貼付けておいた。
600万画素という低スペック、且つ、5年程前の機種にもかかわらずセンサーサイズの恩恵で十分なディティールを確保している。
さて…LX3だが…画像を見れば説明は不要だろう。
わかりきっていた事だがLX3は暗所性能だけは発売当時からダメ出しされているので驚きはしないものの、こうして並べてみるとISO3200に向けて徐々に惨い状態になっていくのがわかる。
さながら、大気圏へ突入してしまい燃え尽きるクラウンのザクのようなディティールの崩れ方で、実用ISO感度は400までという感じだ。(実際、私もAuto ISO感度の上限値は400までに設定し、必要に応じて800までを使っている)

次に画像処理エンジンを通さない生データであるRAW画像の比較だが、こちらは想像に反して逆転した結果とも言える。
Q7もISO400あたりからノイズが目立ち始め、ISO1600ではかなりのザラつき加減になってISO3200に至ってはノイズがディティールまで大きく崩しているのがわかる。
画像処理エンジンがノイズを上手く処理しているのが実感できる例だ。(そのかわり滲ませているような感じになるのでディティールが大きく崩れてしまう)
Qの場合もISO400あたりからノイズが目立ってくるが、ISO800まではQ7と比べて遜色のないノイズ感となっている。
流石にISO1600になるとノイズでディティールも崩れ始めるのだが、予想よりはディティールが残されている感じだ。
対してLX3はISO400からノイズが目立ち始め、段階的にノイズが盛大に増えてISO3200は点描画のような画像になってしまっているが、意外に細かいディティールはノイズに埋もれてしまっているものの明暗がはっきりした状態でノイジーだが素直な画像だ。
ISO400から800のRAW画像を見る限り、LX3の画像処理エンジンは正直言って出来が悪い。(ビーナスエンジンという綺麗な名前のようだが…)
今までも直感的な感想からJPEGの撮って出しは行わずにRAWデータをJPEGに変換して使っていたので、行動と比較結果が一致しているとも言える。
ともかく、PENTAXのJPEG画像処理は暗部の持ち上げやノイズリダクションなど総合的に上手な処理をしていると痛感する。
尚、こちらにも参考までにNikon D40のISO1600時のRAW画像をQの右端に貼付けたが、Q7/Q/LX3では太刀打ちできないレベルの低ノイズな内容だった。
5年前のAPS-C 600万画素CCDモデルでこの性能…現在のAPS-Cやm4/3はどうなっているんだと(買わないけど)気になってしまう。

今回も等倍比較なのでノイズは盛大に確認できてしまうが、blogの記事に使う場合やE判/L判に印刷する場合ならばサイズを縮小してしまうのでノイズも誤魔化せることが出来るし、ディティールの甘さもシャープネスで強調可能なのでQやQ7ならISO1600レベルまでを実用範囲としてもいいのかもしれない。
何かの情報でPENTAX Q開発者が「1/2.3インチセンサーを採用したのはノイズが少なかったから」と発言されたらしいが、本当の事かもしれない。
惜しむらくは1/2.3インチセンサーが要求する解像度を02 STANDARD ZOOMでは満たしきれていなかった点だけだろうか…
コメント
この記事へのコメント
本気でしたら、E-M5と10年前の4/3機(800万画素CCD)をお貸ししますがw
2013/12/24(火) 22:18:58 | URL | やち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/567-e130af99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック