バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
LUMIX LX7にLC-1を装着
LX3もLX7もPanasonicの良心(な訳ない)からかレンズを保護するのにレンズキャップを手動で取り外しする必要がある。
これが意外と面倒に感じる物で、LX3にはRICOHのGXシリーズ向け自動開閉式レンズキャップ LC-1を多少の加工は必要だったが装着していた。
電源ONと共に繰り出してくるレンズのギミックも面白いが、何よりも即撮影にかかれる手軽さを求めてLX7購入時にはJJC ALC-LX7Bを同時に購入して専用品の有り難みを感じていた…が、

思わぬ落とし穴があった。
LX3の運用スタイルが定着していたので、LX7でも同様にしたくなるのが人の性。
カメラケースはLX7対応の中国製合皮素材だが格安な速写ケースを入手した。
過去5年間、LX3に同様の品を装着していたがカメラ本体をガードしてくれる恩恵に加え、撮影時も手早く外せるカバー部分は何よりも便利だった。

落とし穴とはJJC ALC-LX7の飛び出し部分含めた直径が速写ケースのレンズ部分よりも大きく、速写ケースのレンズ収納部分に収まらないというものだ。
飛び出しているのはヒンジ部分、目視のレベルでレンズ鏡胴からはみ出した直径なのがわかる。
ひとまずJJC ALC-LX7Bを外して純正のレンズキャップで凌ぐ事にした。

ネットで情報を集めるとJJCのALC以外には定番のRICOH LC-1とLC-2がLX7に装着可能と判明。
早速2つを入手して装着することにしたが…LC-2は品薄な状況で中古でも新品販売時よりは少々高額な買い物になった。
対してLC-1はAmazonでも新品が1400円くらいで購入可能な状況につき、加工を失敗しても代わりが調達できるLC-1をLX7に装着する事に決定。

「LX7 LC-1」で検索するとヒットした個人の方のblogに改造方法が書かれていたので全面的に利用させてもらった。
LC-1では画像の赤線部分をリューターやカッターなどで削るだけで装着可能となっている。
手持ちのマイクロリューターで赤線部分を削り、作業時間数分の加工を行った。
(これをLC-2でやるのは個人的に気が乗らなかった。)

少々キツ目な感触があったが、加工を施したLC-1はLX7へ何事もなく装着できた。
LC-1を装着したLX7を真正面から見るとLC-1のヒンジ部分の角が僅かに飛び出るだけで他は全て鏡胴の直径内に収まっている。
速写ケースのレンズ収納部分に収まるかLC-1単体で確認したところ直径的には問題がなかったので大丈夫だろう。

自動開閉式レンズキャップは分割された蓋の隙間があるので多少の埃が入ってくる。
更にラフに扱ってもレンズに傷がつかぬようフィルタを装着している。
LX7では鏡胴へ直接フィルタを装着できるようになったが、フィルタ装着には純正オプションのフィルタアダプターキット DMW-FA1をレンズ先端部に装着する必要がある。
更にフィルタを装着するのでレンズ先端部が僅かに長くなるので少しでもコンパクトにと思いフィルタ枠が薄いGREEN.LのMC UVフィルタを入手した。
このフィルタはフィルタアダプタキットと同じ程度の厚みしかなく、値段は1000円しないという格安品だがレンズ保護の為だけに買ったので十分だろう。

LC-1を装着した状態、且つ、フィルタアダプターキットに薄枠フィルタを装着した状態でもLC-1の蓋が浮くようなことは無かった。
ネットの情報ではフィルタを一般に市販されているタイプにするとフィルタ枠の厚みの関係でLC-1の蓋部分が僅かに浮いてしまうこともあるらしい。
更に広角端の画角ではフィルタ枠が影響してケラれに似た写り具合にもなったりするらしいので注意が必要のようだ。

肝心の速写ケースへの収納は全く問題なかった。
カバー部分の脱着時にLC-1にケースの内側が擦れることになるが、LC-1がLX7から外れてしまうこともなかった。
残量表示が可能な予備バッテリーも届き、これでLX3使用時と同じ環境がLX7でも構築できた。
あとはLX7側の細かい設定を詰めるだけだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/572-b8ad5267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック