バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
RZ250水漏れ?
日曜日の午後、出先から戻ろうとしてRZ250のサイドスタンド付近に緑色の液体が拡がっているのが視界に入った。
どう見てもクーラント液、恐らくRZ250のだろう…。
さて、どーしたもんか…家まで約1時間、距離にして40kmはある。
確認の為にエンジンを始動させ、10秒ほど3000rpmでエンジンを回してみるが新たな漏れ出しは確認されない。
単純な亀裂などではなさそうなので水補給を帰路の途中に行うことを念頭に置きながら帰路に着いたが、一気に距離を稼ぐ為に利用した第三京浜をの都築手前で水温の上昇ペースが早まったので都築PAでリザーバタンクから補水。
リザーバタンクは空だったが、補水後の走行では水温系の針は常に中間に位置したまま自宅へ到着した。(信号待ちでも水漏れは再発していなかった)

エンジンが程々に冷えた所で各部のチェックに入るが、ラジエターカバーを外して内部を見ると進行方向に向かって右側の下部にクラーント液が確認されるだけだった。
走行中も一定量が漏れ続けているのであれば走行時の空気の巻込みで各所にクーラント液が付着するはず、単純な理由で水漏れしていない可能性が高まる。
ラジエタキャップを開けてラジエタ内部の水の量を確認するが、たっぷり入っていた。(でなければ自宅まで持たない)

しかし、左側エンジンケースカバーの下側を中心にはクーラント液が飛び散った跡が残っている。
シリンダ側の水漏れであればケースカバーの前部分に付着するのは無理があるので、この場合はラジエタ本体が水漏れの原因、または間にいることが想像される。
更に想像するとラジエタカバー内側の左にクーラント液の不着が無かったようなのでラジエタ本体の背面を伝ったクーラント液がクランクケースカバーに付着した可能性が高いが、問題は水が漏れるのが何時/何処からの2点が不明な点。
今日は時間切れにつき、原因は後で探ることにした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/586-99c2ea31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック