バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
RZ250水漏れチェック&ガソリンタンク交換
謎のラジエタ液漏れから約2週間、RZ250の保管場所には新たな水漏れの兆候が無いか点検の為に引っ張り出した連休最終日。
ラジエタ周りに手を付ける前に物凄く気になっていたガソリンタンクの汚れ…流石にそろそろ限界だ。
ということで水漏れチェックのついでにガソリンタンクも予備の品へ交換した。
恐らく新車で卸されてから今まで使われてきたであろうガソリンタンク。
このフレームの元のタンクは青3本ラインの82年式だが、このタンクが装着されていた車体はかなり初期の車体番号が刻印されたフレームなので1980年製と推測される。
RZ250よりも古いバイクが綺麗な状態で走る昨今、34年という数字がバイクの世界では長いのか短いのかわからないが見た目的にアレなので個人的には我慢の限界。
塗装しなおすか別のタンクに交換するかの二択だ。

数年前に予備タンクとして入手していたのはメーカーにも在庫は無いパールホワイトのガソリンタンク。
いわゆる「当時モノ」として中古での入手だった。
ワイズギアの外装セットも「これが最後」ということで新品で購入していたが資金難の時に処分してしまった。
もっとも、今も手元に残っていたとしても勿体なくて使わないだろう。
この予備タンクも入手当時には勿体なくて交換しなかったが、2014年の今となってはバイク本体も乗っている人間もいつまで稼働できるかわからない。
使ってナンボと言わんばかりに考えが変わっているのは年齢のせいだろうか。

今まで使ってきたガソリンタンクに装着されていたガソリンコックを予備タンクへ移し、ガソリンも移動させて装着完了。
心配していたガソリンの漏れも無ようだ。
良く見るとこのタンクは給油口付近に貼られているコーションラベルが無いが、コーションラベルは既にメーカーは販売終了としているので今では入手不可能だ。
余計なラベルは見た目的に邪魔という意見もあるが、個人的には今まであったものが無くなるので寂しいと感じる。
確か10年位前にヤフオクでコーションラベルだけを入手していたはずだが…見つからない…当面はこのままだな。

肝心の水漏れのチェックはラジエタカバーを外して各部を点検するが、やはり明確な漏れ跡が確認されず原因不明のままだ。
横浜市内を低速走行している最中にクランクケースの左右カバーの前方と下部にラジエター液が付着していたのでラジエター本体もしくはパイピングのどちらかに原因があるはずだが…これは高圧がかかった場合のみに発生する不具合か?
再現させるにも外は寒くて天気も宜しくない、保管しておいた予備の中古ラジエタを引っ張り出して交換するか悩む事数分。
とりあえずラジエタキャップを交換して様子見することにした。

今まで使用していたラジエタキャップ(左)と保管していたラジエタキャップ(右)を並べてみると今まで使用してきたキャップはゴムのシールがひび割れているのがわかる。
高圧時に内部のスプリングが持ち上げられ、リザーバタンクのパイピングと接続される構造だが、この時に外側のシールに問題があると外に漏れだしてラジエタカバーに溜まり、走行中の振動や風圧でクランクケースへ…と想像もしてみたが、ラジエタ本体に液体が漏れた形跡がないので可能性は低いなぁ…でも交換しておこう。

次にRZで走る時は水が入ったペットボトルを常時携行しなければ…
コメント
この記事へのコメント
RZにもワイズギアの外装セットがあったんですね。自分もFZ用の外装セット(ただし資金難にてタンクのみ未入手)死蔵してます。ただデカールがその当時既にメーカー欠品だったので無印になってしまいますが。いずれ復活させたいもんです。
2014/05/07(水) 20:03:42 | URL | かぎま #-[ 編集]
Re: かぎま氏
なんでも最後の在庫一掃と金型廃棄と聞いてます。
2000年頃だったと思います。
パールカラーのセットを8万くらいで買ったんですが、勿体なくて眠らせたんで知人に引き取ってもらいました。
その代わりに中古でタンクだけを。
周りからは焦り過ぎと言われましたが、仮に今も手元にあってもワイズセットには手を付けなかったと思います。
2014/05/08(木) 09:03:57 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/588-76b4cec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック