バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
初期ピコトラ用単四電池ホルダーの製作(2)
0703101.jpgまた週末に秋葉原近くへ出かける用事があったので電池ホルダー用のパーツを買い足しした。
先週の作業でフレームまでは作ったので今度は基板部分の部材と言うことでプリント基板用の銅板を調達、但しガラスエポキシなどという高価な基板は必要ないので安価な紙フェノール基板にした。
次に要?ともなる電池との接点だが小さな電池用スプリングとハトメが見あたらない。
家族を待たせていることもあり、間に合わせということで単四電池を4本収納できる電池ホルダーを購入し、端子部分をバラして利用することにした。多少はコスト増になるのかもしれないが、時間をお金で買うということで…
次にハトメを探したがガード下のネジ屋にも無く、ケース屋からコネクタ・端子屋を一通りチェックしたが扱っている店を見つけられなかった。
時間も無いことから褒められた行為ではないが先ほど購入した電池ホルダーのハトメを再利用するということにして撤退。

0703102.jpg自宅にて購入した電池ホルダーの端子部分をバラす作業を行う。
精密ドライバーやニッパーなどを使い端子を固定しているハトメを丁重にゆっくりと外していく…はずが最後はニッパーで樹脂部分を破壊してショートカット。
次に基板をカットして仮引きを行いレジストペンでパターン部分を塗ったところで時間切れ。
基板はエッチングを残すのみの状態だが仕方がない。

残る課題はミズホオリジナルの電池ホルダーと比較してスプリングの直径が大きすぎる点と、フレームと基板の接合方法およびフレームの構造の違いを埋める補強方法の考案となる。
よくよく調べたらミズホオリジナル電池ホルダーはフレーム外側の当て板を圧着で固定している。
流石にこればかりは自前の環境では真似できないので代わりの工夫を考えておかねば…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/60-f097a529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック