バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
nuvi1480plus復活
去年の10月に入手したnuvi1480plus、zumo660が高価すぎて手を出せなかったのでMP3再生機能を持つ低予算機種となると1480/1480plusしか選択肢は残っていなかった。
地図年度は2011年(整備は2010年の9月頃までの道路が対応?)なので古いままだが、新東名と圏央道を除けば普段使いに困ることは無いので重宝していたのだが…やってしまった。
ガレージから自室へ戻る時に何気なく落とした一撃が液晶へクリーンヒット、表示される画面は前衛芸術を目指して失敗したような状態になっていた。

...orz...
1480plus以降のMP3対応製品は静電タッチパネルになってしまうか、液晶サイズが7インチになってしまいバイクへの搭載は非現実的な機種しか出ていない。
ここでも選択の余地は無く、1480/1480plusを使い続けるか、zumo660を購入するしかない。
ガーミン以外のナビ(たとえはスマフォのナビアプリとかパナソニックなゴリラーダとか)に乗り換えることも考えたがガーミンにはカスタムPOIという強力な機能があるので、ゼンリン/昭文社/インクリメントピーが整備に使うタウンページ・ハローページに収録されていない無料キャンプ場やオートパーラーなどが自分の好みで手軽に登録できて呼び出すことができる、これを手放すのはかなり痛い。

ということで中古の1460を部品取りの機体として入手した。
1480系を入手しても良かったのだが折り合いが付く物件が無く、振動対策として給電をminiUSB端子から#1DCジャック化しているので1480系を引っ張ってきても液晶しか使わないのは明白だった。(PCモードを検知する配線をスライドスイッチ化する必要があった)
1460を分解してみると液晶ディスプレイユニットとメインボードを接続するフレキシブルケーブルの型番は同じ。
このクラスの工業製品で細かく専用品を使うことはコスト的な理由から考えにくいので同じ5インチモデルである1460は1480と共通の液晶ユニットと考えていた。
型番が同じということは圧着コネクタ部分のピン数も同じということなので汎用性が期待できる。
フレキ系は乱暴に扱うと思わぬところで断線の憂き目に合うので「斜め厳禁」の鉄則を守りながら慎重に交換した。

組み付けにあたっては液晶パネル裏の金属パネルが1460と1480では異なり、1460の金属パネルのままケースに装着すると1480の金属パネルに無い突起部分で液晶全体が浮いてしまった。
この金属パネルは簡単に外れるので1460用と1480用を交換して対応完了。
1460と1480はボディの厚みも異なるので、液晶パネル裏の金属パネルも異なっているようだ。
1460用は突起が2か所あってネジ止めされた内蔵のメインボードにかかるようになっているが、1480用は中身が詰まっているのでフラットな形状だ。
隙間が多い1460向けには液晶パネル操作時に歪みが出ないように突起を作って強度を保っていたのではないかと推測される。

1480plusを仮組して通電させると何事もなかったようにGARMINロゴが綺麗に表示された。
起動後の操作も問題なく、タッチパネル周りの配線も1460と1480は同じようなので液晶パネルユニットは完全に共通部品のようだ。
割れてしまった液晶パネルに貼っていた液晶保護シートを交換した液晶パネルへ貼り、あとは組み付けを完了させるだけ。
液晶保護シートは1480のタッチパネルの感度が良すぎるために皮グローブを装着して操作する時に不便だったので、感度を鈍らせるために貼っている。(皮グローブで乱暴に操作するとついてしまう傷への対処という意味合いも持っているが)
化粧板の下にある枠を固定するトルクスねじを締め、化粧板をはめ込んで液晶パネル交換作業は終了。
3.5インチモデルのnuvi205は過去に10回以上落下させてしまっているが、こちらは液晶サイズが小さいこともあってか今までに被害はゼロ。
1480plusは液晶が大きい分、落下した時の被害が大きいので今後は大事に扱うように心がけなければ…


余談だが、1460と1480では内蔵バッテリーも異なっていた。
1480plusに搭載されていたバッテリーは2100mA/hの容量に対して1460に搭載されていたのは1250mA/h。
この1250mA/hのバッテリーはnuvi205用として入手したバッテリーと同じ容量なので並べてみるとサイズもほぼ一緒。
試しに1460の基板へバッテリーを接続してみると普通に起動し、ACアダプタを接続すると充電モードに切り替わる。
推測の域だが1360の内蔵バッテリーは205/205W用が使えるのではないだろうか?(ということで入手した1360のバッテリーは手持ちの205の予備バッテリーとして保管されることになった)
むしろ問題は1480plusの方で、205の経験では内蔵バッテリーが劣化するとACアダプタを接続しても本体の起動が怪しくなるので1480pluの大容量バッテリーが日本で手軽に入手できないと使えなくなるのは時間の問題かもしれない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/606-8209740b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック