バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
内山BKJフェス(嘘)
9月の連休第1弾は内山牧場キャンプ場でフェスティバル!
というのは嘘でして、諸々の事情で東北まで行けず3連休は内山牧場で(程々に)のんびり過ごすつもりで前日の金曜から入っていました。
記憶の限りでは多少は混雑するだけという情報だったが…
金曜の夜は非常に静かだった。
サイトの上側には4組(すべてソロ)、下段には4人程のグループとソロキャンプのバイクが1名という程度。
凪の風の中で半月の月明かりに照らされた荒船山を眺めながら虫の音をBGMに一献。
気温8度、少々冷え込む感じだが心地よい夜だった。
翌朝の土曜は白い霧に覆われて荒船山も見えなかった広々としたサイトには昨晩の人達の姿しかなかった。

が、午後3時にはこの状態、これで最終的な設営状態と比べて50%くらい?。
画像手前のスペースは勾配がついているのでテントを設営するには少々不向きなので空いてるだけだが、そのスロープ部分も夜にはテントが設営されていたり…
画像に写っているテントの幾つかは地面が斜めの場所に「仕方なく」設営されているケースも。
例年だと午後2時くらいから平らな場所が残っていないことからサイト内をグルグル回る「放浪の民」が現れるのだが、この日は午前11時くらいから見受けられ、太陽が沈む頃には場所を決められず同じ場所を2周も3周もする車まで現れた。
かつてない混雑ぶり。

夜に上の炊事場横の道からサイト下段を見た光景がこれ。
画像手前の開いているスペース(かなり斜めな地面)も撮影後30分程でテントが設営され…
何かのロックフェスかと思うくらいの混雑ぶりと混沌ぶり。
音楽が聞こえてくるのはあたりまえ、花火(手持ち花火)も豪快にやっている家族もおり、普段の内山牧場から想像できない状態だった。
この中で揉まれていた某氏の苦労が忍ばれます…
サイト上段も音楽を鳴らしているグループが居たが中段〜下段の喧騒と比べれば静かに感じるレベル。
9時過ぎには内山名物?の濃霧がサイト全体を覆い、10時頃には軽い雨も。
私も0時前には眠りに落ちていた。

更に連泊するつもりだったが、愛用のSVEA123Rがアレな姿になってしまい、予備のガスストーブと110缶だけでは燃料が心細いのと混雑ぶりもあって昼前に撤収した。
サイトのテントの8割は連泊するようで動きが無く、そうしている間にも1台、また1台と新たに訪れる車の姿が見えた。
今日も夕方までに場所を求めて彷徨う「放浪の民」の姿があるのだろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/611-1cfcc611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック