バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GPZ900Rシート張り替え
GPZ900Rのシートの皮がそろそろ限界になってきた。
車体は逆輸入車なのでタンデムベルト無しのシートだったが、キャンプ道具を積む時にシート側にフックをかけるタンデムベルトが便利だったので2年か3年くらいして中古のシートを入手して使っていた。
それから10年以上経ってる。
シートの前部の中央とサイドは皮に穴が空いてスポンジも一部削れてしまっている。
更にタンデム部分は皮に亀裂が入ってしまい水の侵入も簡単、このまま行くとカイワレ栽培ができそうだ。
皮の切れ間程度であれば内側から補修することで対応できるが、スポンジまで削れてしまった前部分は補修というレベルではないし素材も手元にない。
シートそのものを純正部品で購入すると高価であるし、ネットの情報ではカワサキでも販売終了っぽい。
選択肢としては中古のシートを入手するか皮とスポンジの交換品が流通していないか探すのみだ。


情報を探したところデイトナから出ている品が無難なようなので入手することにした。
と言ってもやることは一つだけ、amazonの購入ボタンをクリックするだけだ。
「デイトナ RIPMOシート ディンプルメッシュ 73643 通常配送無料」
クリックした翌日には手元に届いていた。

天気予報が(また)激変して晴れ間が広がった関東の日曜。
今は足を痛めておとなしくしているので強い日差しの中(ガレージには屋根があるので日陰だが)、シートの張り替えにとりかかりベースまでむき出しにしてスポンジが接着されていたボンドの残りカスまで綺麗に取り除く。
あぁ、こんなに天気が良いならRZ250で出かければよかったと足を見つつ一服。

新品のスポンジを装着して皮をかぶせ、10年位前にRZ250のシート補修で使ったきりのステーブルタッカーを探し出して仮組みしたあとは要所部分にテンションをかけながらタッカーで皮を固定していく。
付属の取説にはドライヤーで皮を柔らかくして伸ばしながら装着とあるが、この季節であれば日向に皮を放置しておけば太陽光で全体を手軽に温めることが出来る。(しかもタダ、電気代もかからない)
タンデムベルトが無いシートは見た目的にスッキリしてるので今回はこのまま車体に装着してしまおうかと思ったが…

利便性には勝てず、純正シートのタンデムベルトを装着した。
最初はシート単体のままでタンデムベルトを装着しようとしてたが、スポンジの反発でネジ穴まで届かず苦労した。
最終的にシートを車体に装着してしまい、GPZ900Rの200kgという"重し"でシートを固定させてタンデムベルトを強引に引っ張って装着成功。
ベルト1本でここまで雰囲気が変わるのもアレだが、やはり便利なものは便利だ。
スポンジまで交換したシートを装着した車体に跨るとネットのレビューにあったとおり剛性感をしっかり感じることができ、GPZ900Rを新車で卸した時の最初の感覚が脳裏をよぎった。
10年以上も使えばスポンジの剛性も無くなってしまうから仕方ないことなんだが。
コメント
この記事へのコメント
美しい!
こんな製品があったんですか。純正に拘らないなら実に良いですね。しかも張替えも綺麗に行うあたり、さすがです。

自分もディンプルメッシュのシートに興味ありですが、国際的な不人気車の泣きどころか、当然のようにラインナップが無いというw
2015/06/29(月) 21:45:52 | URL | 乙尺400海苔 #zp5fqWQk[ 編集]
>乙尺氏
お褒めの言葉ありがとうございます。
シートの柄は気にせず購入したのですが、ディンプルメッシュはデザインがアクセントになるので悪くないですね。仕上げは素人作業にしては思ったより綺麗にまとまったので安心してます(もう少し酷い仕上がりを覚悟していたので)。
梅雨時で気分よく走ることすらままならない季節ですが、今のうちに整備しておかないと梅雨明け後に「やっとけばよかった...orz」と後悔しない為に…
2015/07/01(水) 16:27:14 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/635-3d16e79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。