バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンク修理キット新調
昔、箱根の山の中でパンクして難儀してからRZ250/GPZ900Rどちらにもパンク修理キットを積んでいる。
バイク用品店に行くとチューブレスタイヤ用に様々な種類の製品が並んでいるが、私の場合は昔ながらのチューブレス修理用の長いゴム棒を二つ折りにして打ち込むタイプを搭載している。
その理由は「信頼性」。
ガス缶式は楽だが再修理に難がある製品があるし、ガスを放出しきってしまうと何もできない。(基本的にワントライ修理)
小さな楔形のゴムや短い円柱型のゴムを打ち込むタイプは接着剤に頼り切っているので信用していないし、誰にでも修理できそうな手軽さを売りにしているが大きな穴や斜めに走った穴に対しては無力だ。(短時間だけの穴塞ぎも出来ない)
掲載画像のキットに見える長いゴム棒を二つ折りにするタイプはタイヤショップなどでも古来から行っているチューブレスタイヤの修理としては一般的な手法なので信頼性は高いと言える。
私の場合は過去に普通乗用車のパンク修理を1週間に10本ほど行う仕事に就いていたが、その時も同じようにシールゴムを二つ折りにして打ち込む方法だったので慣れているというのが大きい。

このチューブレス用パンク修理キットはバイクでも普通車でも内容的には同じものが使えるが、バイクに搭載するにはコンパクトな積載が求められる。
最近はゴムチューブと接着剤をリーマーの取っ手の中に格納することが出来る製品が出てきているが、収納時のスペースを若干多めに取る為に比較的コンパクトに収まるマルニの製品を愛用している。
その工具の一つのリーマーなどの金属パーツの取っ手部分にヒビが入ってしまったが、10年以上前からマルニのキットを使用しているので仕方ないだろう。
だが、これだとタイヤに工具を打ち込んだ後に抜けなくなる危険性があるので新調した。
以前ならナップスなりライコなりへ出かけて買うのだが、面倒なのでamazonで。(ライコのポイントが貯まらない訳だ)

尚、シールゴムとセメントは消耗品になるのだが、マルニ純正だと少々お高くなるので代替品としてBAL(大同)のリペアキットの補修用シールゴム+セメントを購入している。
BALの製品は400円ほどだが、マルニにでは700円くらいになるので値段差は大きい。
このパンク修理の手法は何十年も変わっていないので素材については会社が異なっても大きな差は無く、性能についても一般人が気にするレベルではない。(最新型の大型バイクで非現実的な速度を出す場合は話が別だが、一般公道では不要なクオリティになる)
特にセメントはパンク修理を10回は出来るであろう量が入っているが現実的に頻繁にパンクすることは無い。
封を開けたセメントは残量が多くても開封済みのものはシーズンが終わると捨てる(または新品の予備セメントとセットで搭載)ことにしているので、コストを少しでも抑えられるのは嬉しい。

マルニのキットは収納時に取っ手が分離できてニードルを挟み込む形でコンパクトに収まってくれる。
ニードルの先端が保護されるのと、保管時に周囲へ傷を付けずに済むので非常に有難い。
シールゴムとセメントはむき出しになるが、セメントはチューブが潰れないように透明な樹脂チューブでガードされているので使用時に押しつぶされて穴が開いて乾燥しきっていた…なんてことは防ぐことができる。
普段はセメント1本にシールゴムを3本から6本程度持つようにしている。
簡単なパンク修理であればシールゴムは1本で十分だが、ガラスの破片で斜めに切ったりすると数本まとめて打ち込んで応急処置をすることがある。
そこまで派手に穴が開いたタイヤは交換するしかないが、空気が漏れたまま動けなくなるのと短時間でも低速で移動できるかの差は大きい。

このキットに加えて小型ポンプも搭載している。(自宅近くのホームセンターで600円~1000円程度)
空気圧は2kg/cm2程度までしか入らないが、パンク修理後に1kg/cm2程度まで空気が入れば車体の移動は可能になるので最低限の装備としている。
こんな製品↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B007SRW5B0
(非アフェリエイトの単なるamazonリンク)

RZ250には100円均一ショップで購入した自転車用のミニポンプ(長さ10cm、直径3cmほど)を搭載している。
空気を入れるには時間もかかるし圧も1kg/cm2程度までしか入らないが、タイヤのビードが落ちていなければRZ250クラスのタイヤへの応急処置に十分使える。(実際に自分で空気を抜いて入れ直して実験してみた)


ロードサービス付きの保険もバイク向けでも選択肢が増えてきたが、24時間対応と謳っても即座に来てくれる保証はない。
ソロツーリング時にパンクしても自分で応急処置できれば10~20分程度の時間をロスするだけで済む。
備えるに越したことは無い。

ちなみに、ここ2年間でパンク修理を数回行っているが、全て他人のバイク…
装備が整うとパンクしなくなるのは何かの法則だろうか?


■参考情報

パンク修理セット ・ チューブレスタイヤ(バイク・自動車)用 パワーバルカシールキット マルニ工業 A-418
¥ 2,705 + ¥ 530(関東への配送料)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00MHG4VIC

BAL ( 大橋産業 ) パンク修理キット パワーバルカシール 補充用 833
¥ 400 + ¥ 280(関東への配送料)
http://www.amazon.co.jp/dp/B0027WRE7Q
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/640-0ae133e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。