バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
雨の整備
土曜・日曜と雨の予報になった東京、土曜日は車検期限が迫ったGPZ900Rを簡単に整備した。
ガレージに出たのは「あなたの周りの世界は、見たままのものとは限らない…」という世界では日本が青く覆われた頃の昼過ぎ、現実の世界では小雨が降っていた。
まず手をつけたのはフロント左ウィンカーの交換。
去年の春にウインカーを壁にぶつけて半壊していたのをテープ止めで誤魔化していた。
見た目を気にしなければウィンカーボディ内側にパテを盛るなどして修理可能だが、新品パーツが出るうちは交換しておいて半壊したウィンカーボディは後で修理しておけば臨時のパーツとして使える。
ともかく、このままでは検査官に指摘されるはずなので取り寄せたパーツと交換した。

ウィンカーを交換した後はヘッドライトの光軸調整を毎回恒例のガレージの壁で調整した。
左右調整は夜走りなどで走行中に確認しているのでハイビーム時の光軸を気持ち下に下げただけ。(ハイビームは水平が基本だが、その光軸を少し下にすると光軸検査は一発で通っているのが過去の経験。)
更にナンバープレート下のリフレクタを純正リアフェンダーのリフレクタに交換した。
画像のテールランプ上に置かれているのが今まで装着していたリフレクタだが、面積が検査基準ギリギリのサイズになっている為にユーザ車検で持ち込む度に検査官がサイズを計測し直すので心臓に悪い。(リフレクタが原因で不合格になったことは無いが)
検査官の印象も悪くなるので、それならばと純正リアフェンダーのリフレクタに交換して検査に望む事にした。

あとは基本的なブレーキパッドの残量チェックと灯火系および各油脂類の点検をして検査向け整備終了。
普段から整備しておけば車検の為の特別な作業は必要ないノーマル車なので楽だ。

GPZ900Rの整備が終わった所でRZ250を引っ張り出す。
RZ250は金曜の夕方まで座間のバイク屋に預けてタイヤ交換を行って貰っていたのを引き取ったばかり。
交換したタイヤはいつものTT100GP 3.50-18、バイク屋へ預ける手間と値段などから次回からRZ250のタイヤ交換は自分で行ってしまうつもりだ。
ホイルバランス用の道具を揃える必要があるが、スタティックバランスなら自分の作業場でも行える。
RZ250の性能では5g以下まで追い込む必要もないし、リム幅も狭いからダイナミックバランスを行う必要も無い筈だ。

夏に取り寄せていたシフトチェンジペダルのリンク部分のゴムカバーも交換した。
ピロボールジョイント部のカバーだが、やろうと思っていつも忘れてしまう。
シフトチェンジを頻繁に行う2st車なので軽視していると酷い目にあうので大事なパーツでもあったりする。
最後にサイドカバーの固定用グロメットを交換して雨が本降りになった頃に作業終了。
来週の連休は快適に走れる天候になって欲しい…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/646-8ef68d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック