バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
ハクキンカイロ mini
「こはる」も持っているけどminiをようやく購入。
実は「こはる」の火口を発注した時に勢いで買ってしまったのは内緒だ。
PEACOCK(3R)を4個持っているのにmini買って「どうすんだコレ?」的な状況は考えない様にしよう。
ボディサイズは「こはる」より一回り大きくなるがスタンダードサイズのPEACOCK(3R)より小さいのでポケットに入れても手で握りやすく、また、ポケットの膨らむも少なくて済む。
火口はスタンダードサイズのPEACOCK(3R)と同なので専用火口の「こはる」と比べると効率が良くなる…はず。
純正のオッサンベンジンで点火してみたが火口はスタンダードサイズなので発生できる熱量に不満は無し。
公称の18時間については取説通りにベンジンを入れた16時間くらいで発熱しなくなった、使用環境の差もあってのことだろう。
「こはる」は凡そ12時間くらいで燃料が尽きていたので、残業すると帰る頃には冷たくなっていた。
1時間程度に燃料入れても帰宅してからの時間が無駄になっていたので実質16時間というのは個人的に都合良い。

手持ちのハクキンカイロを並べてみるとサイズは三者三様なのがわかる。
左から「こはる」「mini」「PEACOCK(3R)」、こはるは相変わらず最少サイズなのを再認識。
火口は「こはる」が薄いのでminiとPEACOCKには装着できない(逆はぶかぶかで固定できない)。
屋外で使うにはPEACOCK一択なのだが、通勤や季節の移り変わりの時などは「こはる」にzippoオイルタンクのセットで活躍していた。
使うか使わないか微妙な時はPEACOCKの大きさは無駄と思ってしまうから「こはる」系のサイズは予備が欲しかったんだよね。
エネループカイロもあるから一時だけ使いたいときは有効なんだが、やはり熱量はベンジン系カイロが遥かに上。
しかし、今年は暖冬なので出番は少なそうだ…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/657-f1ff8c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック