バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RZ250ホイールバランス
たまに高速(みたいな第3京浜や首都高湾岸線など)を使うRZ250で気になっていたことがあった。
一般道の制限速度である時速60km程度であれば気にならないが、80kmあたりでハンドルに微妙な振動を感じることに気が付いた。
うん、バランス崩れてるね、コレ。
フロントホイールを見るとバランスウェイトが一つも無い…確か20gほどのウェイトが貼り付けてあったはずだが…
バイク屋なりショップへ持っていけば2000円くらい?でホイルバランスを取ってくれるのだろうが、上野の忠男ではGPZ900Rのホイルを傷つけられて練馬ナップスではETC配線を構われてシカトされるなどショップ運に恵まれてないのか自分の車体に触れてほしくない。
座間…は遠いし、RZ250に関してはなんとなく疎遠。
他人に触れてほしくなければ自分でやるしかない。

ということでアストロプロダクツ。
GPZ900Rを購入したバイク屋でRZ250のタイヤ交換時にスタティックバランスを行う作業を何度も見ていたが、そのバイク屋は簡単なスタンドと鉄の棒1本で作業していたのでベアリングを奢った機材は必要ではなかったが…気になるので買ってしまったw
バイクのホイルバランスを自分で行うのも四半世紀ぶり、昔取った杵柄やらウンタラカンタラでダイナミック/スタティック式を選べる電動式バランサーを使う仕事もしていたので感覚は残っているだろうと期待。

このアストロのバランサーは台を自分で用意する製品。
同じような予算でスタンド付きのバランサーも購入できたが評判が不明なのと1年に1回使うか使わないかという頻度の工具なのに置き場所に困るのもアレなのでコレにした。
ガレージを見渡して目に留まったのは…古バッテリーw
GPZ900RとRZ250用のバッテリーが丁度4個あったので積み上げてみるとナイスな高さで水平も概ね出ている。
うん、これでいいんだよ、これで。

ホイルを回して脚になっているバッテリーを指で軽く叩くなどして重点を見極めてウェイトを5g単位でガムテによる仮止めで追い込む。
ダイナミック式ではないので左右の捩れまでは検出できないしサーキットを走る訳でもないので5g以下のブレが出ても走行時に気づくことは無く、「概ね安定」のところで作業終了。
結果として20gと10gを左右に貼る形になった。
フロントタイヤも溝の残りが少ないので梅雨の間にタイヤ交換するしかないので再びバランス取りが待っているけどね。(RZ250に関してはタイヤ交換も自分で行うことにした)

ホイルバランスだけのつもりだったが更に作業発生。
バランス取りの為にホイルを車体から外す時に見えてしまったフロントブレーキパッドの厚みが1mmを切っている状態。
バランスを取った結果を確認したいので東雲ライコへ軽くお出かけしてブレーキパッドを買ってきた。
下道は60km/hまでだがブレは感じることはなく(あたりまえだが)、ライコでブレーキパッドを購入した後に湾岸線を1区間だけ走って80km/hを確認するが以前のような振動は一切感じなかった。
これなら高速道路の100km/hも問題ないだろう。
自宅に戻って古いブレーキパッドを取り外すが、片押し1ピストンのキャリパーにしては2枚のパッドの減りが極端に偏ることもなかったのでスライドピン含めて正常に機能していたようだ。(ローテーションもサボっていたのになぁ…)
初期型RZ250のパッドも以前は様々なメーカーから製品が出ていたのだが、最近では入手性も考慮するとデイトナ赤パッドが無難になってしまった。
ヤフオクなどの格安パッドもRZ250用は無かったり、評判が不明だったりするので赤パッドから抜け出せないとも言えるが…
パッド交換ついでにブレーキフルードも交換して翌日の土曜はアクラアインを走って千葉まで。
梅雨入り前の最後の晴れ間を愉しむ週末だった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/668-f0036b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。