バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自賠責保険と旧正月
程々の天候となった土曜日、RZ250とGPZ900Rの簡単な整備を行った。
タイヤの空気圧やオイル・冷却水のチェック、RZ250にはクラッチのワイヤーへインジェクタで注油を行い(定期的にやらないとクラッチの握りが重くなる…)2台の車両にはバッテリーへの補充電も。
RZ250の自賠責保険は近くのセブンイレブンで更新を行った。
以前に同じセブンイレブンで更新したが今回は更新期限が迫ることを通知するハガキが届き、そこには更新する場合に手続きを簡略化する為のコードが記載されていた。
店舗のマルチ端末(コピー機とも言う)の画面で保険を選ぶと…継続用のボタンがあり、そこを押下するとコード入力画面が出た。
コードを入力すると更新対象の年数のボタンが出るので選択すると手続き完了、住所やフレームナンバーなど面倒な入力を省略できる。
あとはレジで会計してシールと冊子を受け取り、最後にコピー機の印刷機能で保険証を印刷して終わりだ。
便利な世の中になったもんだ。(近くにバイク屋があることはあるけど…敷居が高くて入り辛い…高そうなバイクばかり扱ってるから…)

また新しい自賠責シールを貼る作業を行う。
この作業をあと何回行えるのだろうか…そろそろ終わりが見えてきてる気がする。

去年の暮れから「今度の週末にやろう」と思い続けて放置中だったバッテリー補充電も行った、特にGPZ900Rはセルモーターの始動に直結する大事なパーツだ。
以前からバッテリーの負担を考えて12月の上旬の寒気団が訪れる前に補充電していたが今回は1月の終わりになってしまったので遅すぎるか。
(低温時のバッテリーはセルへの蓄電効率が悪くなっているが自然放電も多くなる傾向が強い、そこへセル始動で高負荷をかけると…劣化促進になってしまう)
この12月補充電を行うようになってからバッテリーの持ちが良くなった気がしている(フラなんとか…かも)。
今のバッテリーはそろそろ8年目、セルモーターの回転に問題は無いので今年の秋まで持つかも。
ちなみに車関係の仕事に就いていた時によく聞いたのは12月と8月にバッテリー上がりのトラブルが多いというもの…異常な高温もバッテリーの劣化を促進させるので…夏かな、次のチェックゲートは。

日曜日は旧正月を祝う趣旨で横浜にある神社をめぐるイベントにRZ250で参加。
旧暦は日本の季節に合うと常々思う。
1月の終わりから2月の上旬にかけて年の瀬を越えて新年を迎えると2月の終わりには春一番が吹いて春の訪れを感じる…七夕も8月上旬になるから梅雨空を崇めることもない…理に適っている。
今では旧正月というと海を越えた某国のイベントと思われている節もあるが、新暦は明治の時にグローバリズム(単なる背伸びとも言う)の関係で導入されたに過ぎず、人々の生活にマッチするのかなどは考慮されていない。

しかし、この時期は空気が乾燥して空気密度も上がるのか、RZ250の中間域のカブりが綺麗に消えてくれるので気持ちいい。
朝の第三京浜で出会った黄色のTE71トレノ(前期)の2T-Gもイイ音させていたなぁ…暫く併走して聞き惚れてしまった。
TE71の2T-GにはYAMAHAの刻印が施されているのでTOYOTA2000GTの遠い親戚、甥っ子みたいなもの…4AGの出現で一気に廃れてしまったが回してナンボの良いエンジンだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/684-d0665277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。