バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
21世紀のグーテンバーガー?
梅雨の晴れ間となった土曜日、まだ日も昇らない早朝に都内を脱出した。
朝駆け…というには大袈裟だが、目指すは西湘バイパスの西湘PA下り線側。
朝6時過ぎに到着、もちろん売店は閉まっているので食事は不可能。
で、コレ。
高速道路のPAやSAでも見かけることが多いニチレイの自動販売機。
炒飯やおにぎり、ホットドックなどが定番なのだが、西湘PAではハンバーガーセットも置いてあった。
自動販売機でハンバーガー…グーテンバーガーを彷彿させるこのメニューに以前から魅かれていたのだが、ここを通過する時は売店営業中だったり既に食事済みだったりして口にするタイミングを失っていた。
ならば店が開いていない時間帯にハラペコで到着すればいいじゃないか?ということで。

お金を投入して待つこと90秒、出てきたのはおなじみニチレイの箱。
中はハンバーガーにポテト数本、そして唐揚げ1個。
ハンバーガーは箱の形の関係で平たくなったバンズにケチャップが添えられたパティが1枚、シンプルな構成。
熱々のハンバーガーを口にすると…バンズの端が電子レンジの加熱で水分を失ってカリカリに!
これこれ、昭和の時代のグーテンバーガーさながらに「ちょっと温めすぎちゃった(てへぺろ)」と言わんばかりのBグル感。
このハンバーガーを西湘PAから海を望めるテーブル席でまったり堪能、しばらくハマるかもしれない。

本懐は全うしたが、そのまま帰るのもつまらないので箱根の乙女峠まで。
気温17度、長袖シャツにウイドブレーカーの装備で少しだけ冷気を感じる心地よい気温。
西湘PAも似たような気温だったが、1400ccの大型に乗った若い男性が半袖1枚で走り去った姿を思い出す。
自分だったら寒さで震えて自宅へ引き返しているだろう。

乙女峠を御殿場側へ下り、なんとなく道志みちへ。
過去に道志みちを走ったことはあるが、10年以上前の上に真っ暗な深夜に先導付きだったので記憶がほとんどない。
最近も悲しい事故が発生したと聞いているが、確かに快適な道=無理にスピードが出てしまう道だ。
道の駅どうしへは一般車両の後ろで景色を眺めながら到着したが、対向車線を猛烈な速度ですれ違う車両が数台、死ぬなよ。
この道の駅にも野菜直売があったが、大きくて安い白菜(210円で直径20cm以上、高さ30cm以上はあった)に目が釘付けになりつつも、背中に重量物を背負うのは嫌だったので涙をのんでスルー、美味しそうだったな…。

この時点で朝9時、空腹感も出てきたが道の駅の店は開く気配がないし、コンビニ食で済ませるのも味気ない。
ふと、のめこいの湯(丹波村)に向かって温泉に浸かって冷たい蕎麦を頂きたくなり、都留経由で丹波村を目指す。
大月まで抜けたところで給油し、小休憩したところで少しだけ眠気を感じた。
考えてみれば昨晩は1時間程度だけ仮眠しただけ、このまま温泉に浸かってしまうと一気に何かが出てきそうなので危険だな…。
年齢的にも疲れに敏感になっているので涙をのんで企画変更、直帰。
国道20号を上野原までまったり走って中央高速に。
梅雨明けには何処でもいいから温泉に行こう。

余談。
大月で給油した時の燃費計測が驚きの24.6km/L!
普段の平均が12km/L、省燃費走行と思っても15km/L程度。
ここまで空気密度やら湿度やらで5500〜6000rpmのトルクの谷が不快感増大中なので5000rpmまでしか使わない走り方をしていたが、まさかの20km越えとは…メインタンクで一気に300km走行も夢ではない(ストレスの塊のようなツーリングだ)。
2stバイクでパワーバンドを一切使わないのももったいないけどね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/693-7a310367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック