バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
夜走り
台風5号が南海上に停滞している関係で天候が優れない関東地方だが、土日は天気が怪しい感じなので金曜深夜に夜走りに出かけた。
向かうはオートパーラー シオヤ、久しぶりのシオヤになる。
車両もここ最近はRZ250ばかりだったのでGPZ900Rを引っ張り出した。
数ヶ月ぶりのシオヤは変わらぬ姿だった。
うどん・そばの値段が300円になったのは何時だったのか思い出せないが、ここを初めて訪れたときは260円だったから値上げはしている。
しかし、この自販機が維持できるなら500円になっても構わないと個人的に思うが実際は厳しいのだろうなぁ…。
カップ麺の自販機には今も「激めん」が置いてあるが、コレ…スーパーなどの店頭ではまず見かけない商品になっているので別の意味で希少価値なのかもしれない。
味は今となっては美味しいとは言い難いので一度食べたっきりだ。

シオヤに向かうまでの道は限りなく取手に近い我孫子から利根川沿いを10km以上走るのだが、この晩は物凄い夜霧だった。
国道6号から利根川沿いの道に入った途端にヘルメットのシールドに水滴が付き始め、グローブで水滴を払わないと対向車のライトが乱反射して支障が出るほどだった。
シオヤの向かいのガソリンスタンド(オートパーラーのオーナーのお店)の水銀灯のまわりにも白いモヤが漂っていた。

この後はいつもの竜ケ崎を掠めながら江戸崎〜美穂(木原)経由で旧国道125号線を使って阿見坂下へ、さすがに江戸崎の街に入ると都市熱で夜霧は上に昇ってしまっていた。
途中、美浦村の信太に立ち寄って遠くに見える国道125号線を眺めながら一服。
あの頃、ここにずっと住んでいたら現在のようなオートバイ三昧の生活はなかったかもしれない。
阿見坂下から上ノ室線へ抜け、桜ニュータウン経由で上広岡を抜けて大角豆の土浦野田線へ。(地元の人しかわからない道の書き方だなぁ…)
昔と変わらぬ風景、昔の面影すら無くなってしまった風景を横目に常磐道に乗って帰路についた。
高速で帰ったのは先週に行ったホイルバランスの結果を確認するためだったが、嫌な振動を感じていた速度まで上げても振動は感じなくなっていたのでバランス取りは上手くいったようだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/698-daee17f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック