バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
はじめての煙管
手巻きタバコに移行した時に煙管まで手を出すとは思っていなかった。
シガレットと比べると吸い出すまでに一手間必要なのや煙管本体のメンテナンス、それにシャグもシガレットとは異なる刻みと聞いていたので関心の範疇外でも合った。
が、手巻きに移行して約2年、手元には(安物だけど)煙管に煙管用のシャグである小粋と宝船があった。
当初、煙管本体はネット通販で購入しようと思っていった。
しかし煙管本体も長さや材質など様々な種類があり何を買えばいいのやらでネットで情報を集めた結果、試飲が可能な店舗に足を運ぶのが最短距離と思って東京は北区十条にあるオオヌキタバコを訪れた。
気さくな女主人の方が応対してくれて各種煙管や手巻きも含むシャグの試飲を心ゆくまで行わせて頂けた。
当初は手入れのし易さもあって金属のみで構成される煙管黒船を考えていたが吸い心地と値段の兼ね合いで一般的な竹羅宇に、銀製の煙管も良かったけど僅かな予算では手が届くはずもなく…見なかったことに。
手巻きの時は個人的な好みではない味と感じたマックバレンのハーフスワレなどが煙管だと美味しく感じたなど新たな発見もあったので、店舗まで足を運ぶ価値は大いにあった。
オオヌキタバコさんに感謝。

煙管用のシャグとしては手巻きを主としている現在では宝船の味が近いのでしっくりくるのだが、一度は試してみたかった小粋も同時に購入。
これは加湿しないとダメなのでヒュミドールで一晩加湿した。
加湿前にも試し吸いしてみたが、ネットの情報通り加湿前は単なる葉っぱの味だったのだが加湿後は畳のような草の香りが心地よく感じるようになって劇的に変わった。
押しは弱いが僅かな時間の一服に数多くの満足感が凝縮された感じで紙巻きのタバコ1本よりも満足できると感じる。
流石に仕事場の喫煙室で煙管を出すのは憚るので、仕事場は手巻き、自宅(の外)は煙管という使い分けが暫く続きそうだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/700-1c135b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック