バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
GWキャンプツーリング(2日目)
朝の4時頃に寒さで目が覚めた。
テントの外に転がしておいた温度計を見ると-4℃を示している…確かに寒そうな数字だ。
テントの中にある腕時計(CASIO PROTRECK)の温度計も0℃という数字を示し、冷え込みが思ったよりも厳しかったことを物語っている。
使用しているダウンシュラフは-5℃までが快適睡眠温度になっているものの肩あたりの冷えが少々気になったので貼るタイプの使い捨てカイロを背中に一枚貼って二度寝、次に目が覚めたのは日も昇った朝8時だった。
0704291.JPG外に出ると天気は雲一つ無い快晴、遠くに真っ白な雪をかぶった穂高の山が見える。
朝飯替わりの棒ラーメンを腹に流し込み、一服したところで撤収作業を開始。
荷物を一通りパッキングして残すはテントだけという状態で10時、「ひらゆの森」に一風呂浴びに向かい平湯キャンプ場を出発したのは11時過ぎになった。
当初のルートは安房トンネルを通って奈川ダムまで走り、そこから県道26号線(奈川木曽線)で国道19号線に出るつもりだったが、キャンプ場前を通る国道158号線の松本方面側はやけに車が多く、奈川ダムまでの道も飽きていることから逆方向の高山へ向かう平湯峠を抜けて国道361号線(木曽街道)を使って国道19号線に出ることにした。

美女峠入り口のゲートには「ゲートは開放していますが通り抜けできません」というドキッ!とする看板がかかっていたが、対向車の人に尋ねたところ通り抜けできるそうなので迷わず前進。(看板が設置された理由は美女峠の北側で一部崩落した箇所があり、その工事中の時の看板が残っていただけだった、美女峠の南側ゲートには看板が無かった)

0704292.JPG美女峠はすれ違う車も少なく閑散としていたが長峰峠にさしかかる頃には車の数も増え、峠を越えた直後には御嶽山の見事な展望が待っていた。
昨日の天候も手伝って見事なまでに澄み切った空気の中で冠雪した姿を見せていた。
新地蔵峠を抜けたあたりから見事な快走路が続き、あっと言う間に国道19号に到達し、諏訪方面向けて走り出すが腹が減っていたので道の駅「日義木曽駒高原」で蕎麦をすする。
この道の駅は秋の琵琶湖ツーリングでトイレ休憩に使うのだが、通過する時間帯が朝の8時とかだったりするので中にはいるのは初めてだったりする。
道の駅を出発してしばらく走ると伊那市へ抜ける国道361号線の看板が再び出て、姥神トンネル・権兵衛トンネルを通るが、2006年2月に開通した権兵衛トンネルの出入り口付近に見える旧道に心惹かれる物があった。
トンネルが開通したことで道路整備されないと思われるので、道が荒みきってしまう前に一度は訪れてみたいものだ。

0704293.JPG伊那市の中心街を抜けて淡々と道をつないで本日の宴会会場である樽尾沢キャンプ場に到着した。(入り口を見落としてダムまで快走してしまったのは内緒だ)
既に先着した人達がいるが、肝心の幹事の姿が見えない。
テントを設営してウダウダしていると幹事到着、買い出しに行くというので自分のビールも一緒に頼んでしまった。(感謝!)
ウダウダしているうちに宴会準備が始まり、明るいうちから晩飯になる。
0704294.JPG今回のメインテーマは「キャンプ場で天ぷら&日本酒」であったので先に天ぷらを作る。
自宅で予行演習してきただけあってサクサクと作業は進み、滞り無く「たらの芽」「ふきのとう」の天ぷらが完成、そして日本酒を一献、うまい!わざわざ油を持ってきた甲斐が
あった。
夜も更けてトーンダウンしつつも宴会は「隊長!酒が無いであります!」などと訳の分からない雰囲気に染まりつつも気が付けば午後11時30分、落ちるようにテントへ潜り込んで寝た。
コメント
この記事へのコメント
キャンプで天ぷら!(゚Д゚ )イキタカッタ
2007/05/01(火) 18:38:47 | URL | 珈琲焼酎 #-[ 編集]
キャンプ場で天麩羅
>珈琲焼酎サヌ
ウヒヒ、激しく(゚Д゚)<ウマー です。
天つゆは牡蛎醤油の希醤油だけでサラッと味付け。
本当は鎌ヶ池で西に沈む夕日と国際線の機灯と某びら氏を眺めながらの一献だったはずなんですが…
(´・ω・`)ショボーン

今回は食材を少なくしてしまったので全員に振る舞えなかったのですが、機会があれば二度目があるです。

とりあえずグローブの外から包帯巻かなくても良い体に戻してくださいませ、ご自愛ください。
(゚∀゚ )アヒャ
2007/05/01(火) 19:56:43 | URL | Ninja糊@堀川 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/71-33a4f89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック