バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
GWキャンプツーリング(3日目)
最初に目が覚めたのは朝7時頃だった。
ん?頭がグルグル回る感触に胃のむかつき…二日酔いだ ('A`)
トイレに行くためにテントから這い出し、そして再び落ちる。
次に目が覚めたのは午前11時、だーれも居ない( ゚д゚)ポカーン
朝飯替わりに棒ラーメンをすすり、ひたすら水を飲む、呑む。
午後にさしかかる頃、ようやく気力が戻り撤収開始!
昨晩は大がかりな荷物の展開を行っていなかったこともあって奇跡的に30分撤収が完了、すごい、流石は何も考えられない二日酔い明けだ。

0704301.JPG出発は午後1時ジャスト。
ふと周囲を見渡すと植えられた山桜が多く、鮮やかな花模様となっていた。
強い日差しの中でタープを張り、このまま花見しながら更に一泊…といきたい所だがスケジュールがそれを許さない。
のんびりとカーブを曲がり続けて伊那北インターで高速に乗って目指すは上越市へ。
今年の連休は二分割されてしまう人も多いのか、車もバイクも数が少なく「これぞ大型連休!」という気分に欠けているような気もするが、場所が場所だからだろうか?

0704302.JPG梓川SAで本日の昼食を摂る。
クソ暑い気温の中で頭に浮かぶのはただ一つ「ざるそば」。
昨日の昼も蕎麦だったが、道の駅ではワザビがイマイチ(西洋ワザビがミックスされていた)だったので穂高エリアの蕎麦ならば「あの」ワサビが出ると期待して手元に現れた「ざるソバセット」のワサビを少しだけ舐めると…うん、コレコレ、この甘いけど辛い「和100%」の味だった。
最初は松本インターで降りてしまい、新島々近辺の蕎麦屋で麺・つゆ・山葵ともに満足するものをと思っていたが、面倒になってしまったのでサービスエリアで簡単に住ませた。
しかし…わがまま言うと麺・つゆは昨日の道の駅が美味しく、ワサビだけ梓川SAのほうが美味しいと感じる結果だった。
特に「麺つゆ」は化学調味料の味が少し強く、麺も機械出しそのままの均一な太さに更科系だったので好みの麺ではなかったので、次は食べることが無いだろう。
今まで高速サービスエリアで食べた蕎麦で味のバランスがヨカッタのは中央道 諏訪SA(東京方面)だったが、仮にそれを100点としたら40点か50点だ。
旨い食べ物だけが旅の醍醐味ではないので、たまには自分の好みと合わないのを食するのもいいだろう。

梓川SAから更埴ジャンクションへ抜ける長野道は長野と松本を結ぶ国道403号線沿いを走るが、車道に大型連休独特の走行車線も追い越し車線も全部同じ速度で走る車は見えず、車線左側は70~80kmのスローペースで流れ、追い越し車線は80~100kmの速度で走る車が数こそ少ないものの定期的に見られる。
「追い越し車線の流れに乗ってしまおうか?」と考えつつも急ぐ必要は全くないので左側車線をまったり流そうと決めたところで数百メートル先の視界に突如として赤い光見えた。
高速バスのバス停エリアに誘導されていたのは私の右側を抜いていったグレーのセダンで乗っていたのは家族連れのお父さん、ペースを上げるかウダウダ考えていたおかげで助かったような気がする。

更埴ジャンクションから先も同じように道が混み合うこともなく、上信越道の飯山から北側の対向通行区間も80km/hで流れる良いペースだった。
この区間、インターチェンジ前後だけは片側1車線から2車線になるのだが、対面通行区間を60km/hで走っていた列の先頭車両が2車線区間になると何故か80km/hや100km/hに速度を上げ、対面通行区間に戻ると再び60km/hに戻るという不可思議な状況が多々ある。
その直後の車などが2車線区間で先頭車両をパスしようと加速すると…先頭車両も同じように加速するので相当イライラしている車を多数見る場所でもあるのだが、今年はそのような車両に出会わず私よりもハイペースな車はさっさと追い抜き、私よりもローペースな車は2車線区間で無理せず自分のペースでパス出来る理想的な状況だった。
あの追い越し区間だけ加速する車はいったい何なんだろう?

そうこう走っていると目的の中郷インターに到達したので下道に降りて国道18号から更に旧18号線である県584→国道292へと続く道に乗る。
今でこそ地元の人しか走らないような寂れた道だが、私が小学生の頃は歩道も満足に整備されていない片側1車線の細い道を大型トラックも帰省のファミリーカーもゾロゾロと列をなしていたものだった。
その寂れた道を地元の車の後ろについて走っていると視界の片隅に白と青のツートーンカラーが現れ、パターン認証で「シ・ロ・バ・イ」と出る。
信号は無く車も少ない飛ばせる道だから狩り場にしているのだろうが、地元の人をしか通らないような道で仕事していていいのか?と少々疑問に。
ここから南の妙高高原区間で張る方が事故の未然防止になるとおもうのだが…ノルマがあるんだろうな…ご苦労様…と思いながら去年までこの道を飛ばして走っていた自分に乾杯w

0704303.JPG祖母宅近くまで走ったところで帰りの手間を少なくするために都内ではまずお目にかかることが少ないJAガソリンスタンドで給油。
高速SAが131円/Lの時代に127円/Lという気分的に嬉しい価格設定ながらも給油は9Lほど、30円ぽっちの節約だが妙に嬉しい気分になる。
一昨日は平湯で氷点下だったかと思えば今日は常に気温20℃を越える夏日寸前の状態、樽尾沢を出るときからジーンズの中のインナーやフリースを全て脱いでいたが、妙高エリアで一枚程度は追加するか?と思っていたのに全く不要。
手元の温度計を見ても気温は25℃前後のはずなので風邪ひきそうな温度差だ。
祖母宅には二泊する予定だが、明日・明後日と天候が崩れる予定らしいので、家の中に引きこもって猫でも転がしていよう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/72-98e6ddad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック