バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
十石峠
一気に秋が進む感じの11月、久しぶりに週末が晴れとなる第1週の土曜日にRZ250で十石峠を越えてきた。
入間~秩父~上野と国道299号線を早朝出発のプチツーリングコースにしているが、いつも南牧へ流れてしまい、十石峠は10年以上前にGPZ900Rで走ったっきり疎遠なこともあったのと、あと1ヵ月もしないうちに路面の凍結も心配されるかもしれず、紅葉を見ながら標高1300mまでの道を愉しんだ。
入間航空祭に向かう車両に揉まれ、正丸峠手前の東吾野のコンビニで一休み。
吐く息は白く、気温は測定していないが確実に10度以下と思われた。
ハクキンカイロminiをポケットに潜ませているので震えるような寒さには感じないが、日差しの温かさにホッとする。
この季節ならばグリップヒーターを装備しているGPZ900Rで来るのが正解なのだが、生憎とオイルクーラーのジョイント部分のオイル漏れが治らず放置中。
RZ250は見た目とバッテリーの関係でグリップヒーターは装着しないことにしているので、今年最後の正丸峠越えになるのだろう。

正丸峠のトンネルを抜け、道の駅あしがくぼで一休みした後は一気に上野村まで。
志賀坂峠に入る手前の小鹿野の三田川で警官が赤い棒を振って止まれの指示に一瞬ドキッとした。
四輪の後ろについて法定上限速度を超えずに走ってきたはずだが…と思いながら止まると駐在所の目の前、二輪だけを停めて「落ち葉でスリップしたり、対向車が飛び出してパニックブレーキに気を付けてね、あと速度の出しすぎに注意してね」という安全運転の啓蒙活動だった。
志賀坂で事故があるとこの場所の駐在さんが駆けつけるのだろうか、いずれにしても大変だろうなぁ…。

志賀坂峠を越えて上野村の道の駅に到着する頃には気温も上昇してポケットに忍ばせていたハクキンカイロを停止させてバッグの中へしまう。
道の駅の建物を出た直後に艶のある可愛い声ですり寄ってきた三毛猫がいた。
首輪も装着されてないし耳のカットも無い、野良だろうか?にしては人慣れしすぎているし、軽く持ち上げて臭いを嗅ぐと…うん、どこかの家に上がり込んでいる臭いな気がした(笑
暫く私の周りをウロウロしていたが、何も貰えないとわかったのかベンチに座ってスマホを操作している欧米系の男性の隣に座り込んで待機。
無事に冬を越せるといいな。

上野村の道の駅を出てから川の駅を過ぎたところで十石峠への迂回路の案内に従って左折して矢弓沢林道へ。
川沿いを走る東側は道の両脇に大量の落ち葉が溜まり、路面が見えているのは四輪一台分だけという状況にもかかわらず、ブラインドカーブから現れる一般車は思いきりオーバーラインしてくるので出会い頭の事故も多い事だろう。
私はつづら折りの道であれば対向車の姿がチラリと見えるので、カーブで出会わないように調節するし、ブラインドカーブが続く場所は基本的に徐行している。
こんな場所で車体を壊しても良い事は一つもないし、笑顔で帰宅したいからね。
この週の紅葉は標高800mくらい(適当)までが綺麗、十石峠の上に登るにつれて枯れ枝が目立ち、路面の落ち葉も激減していった。
画像は十石峠迂回路尾の矢弓沢林道のかなり上の場所。
日差しもあり綺麗な紅葉を眺め、たまに停車してエンジンを停め、擦れ違う車も無い静かな時間を愉しめた。

この画像を撮影する手前でロードバイクの人を追い抜いたが、見晴らしの良い所で自撮りしている真っ最中にカーブを抜けてしまい、「あ!」という感じで恥ずかしそうに高く掲げていたスマホを持つ手を下ろしながらこちらを見ていた。
ゆっくり走っていたにせよ、エンジン音でバイクが近づくのに気づくと思っていたのだが…悪いことをしてしまったかな?

矢弓沢林道から国道299号線に戻り、程無くして299号線の十石峠頂上に到着。
展望台駐車場にバイクが3台と四輪が2台しかいない静かな状況。
展望台に上って周りを見渡すと上野村と南牧村に跨る御荷鉾の山が見え、左側の遠くに妙義の山が頭を覗かせていた。
久しぶりに遠方が霞むほど遠くを望める天候、10月の台風ラッシュが無ければなぁ…と思ってしまう。

十石峠を降りて佐久まで出たところで昼を回った。
この日の目的は十石峠を越えることだけしか考えておらず、その後は何も考えていなかった。
お腹も空いたし、帰りのことを考えて佐久市で東京へ戻ることにした。
最初はR254で内山峠を越えて下仁田あたりで高速に乗ろうかと思っていたが、その後の関越道の渋滞を考えると夕方4時前に練馬出口を通過しておきたいと考え、早々に上信越道に乗ってしまうことに。
昼食は佐久ICからすぐの佐久平PAへ、ここはSAより混まないしちゃんとした食事もできるので重宝している。
安全パイはカツカレーだが、気分で山菜きのこ蕎麦500円。
業務用の山菜に業務用のキノコが盛られた温蕎麦だが、麺は手打ち風の田舎蕎麦に濃いめの汁で食べ応えは十分。
麺のつなぎが粉っぽいのが気になったが、味は悪くないので次も食べてしまうだろう。

佐久平PAから先は関越道の高坂SAまで止まらずに走り、高坂SAの下り線側のたこ焼き屋でお土産を買う。
高坂SA手前で車の流れが悪くなっていたが、このあと東松山IC付近を先頭に上り線の渋滞が始まったようだ。
上り線側のたこ焼きは個人的には美味しいとは思えず、階段を使って下り線側へわざわざ歩いていくのが定番になっている。
高坂SAを出てから練馬出口まで渋滞は無く、自宅に戻った夕方4時に渋滞情報を見たら嵐山から高坂はいつもの渋滞で真っ赤になっており、練馬出口も新座料金所から赤い線が続くようになっていた。
やはり早々に帰ってきて正解だった。

来週からGPZ900Rのオイル漏れ対策にとりかかろう。
あと夏向けにニードルの段を1段動かしたRZの燃調を冬向けの標準設定に戻さなければ…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/729-a33c4b62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック