blog バイクにのる人
123R SVEAに青い炎を求めて?
キャンプでは色々と不便な点もあるが未だにOptimus 123R SVEAをメインストーブにしている。
一番の理由は赤ガスが常用できることだが、他にも*のトレックソロ極をケースとして使えてトレック900/1400などとスタッキングできる省スペース性にある。
最近は連泊することは稀になったが、2泊以上になるとガスカートリッジ式のストーブと比べて荷物の軽減に非常に役立っているのは確かだ。
しかし、そんな123Rも地味だが使用中に気になるのが火力調節のハンドルが123R本体の熱で熱くなり、持てなくなること。
回避方法は火力調節したらハンドルを外しておくことなのだが、たまに外し忘れて…。
ということでハンドルを延長して熱を伝えにくくするパーツがあるのを以前から気にしていたので購入した。
NSクラフトで出しているハンドルエクステンションだ。
素材はブラス・ステンレスと2種類あるが、やはりここは本体の色に合わせてブラス。
ガレージで暫く燃焼させた時にこのエクステンションを介してハンドルを付けっぱなしにしたが、ほんのり温かくなる程度にしか温度が上昇しなかった。
amazonでも扱っているが、NSクラフトの直販の方が安いので、買うなら直販がオススメ。

123Rでもう一つ気になっていたのが炎が真っ青な青色にならず、強火から中火では炎の先端に黄色の炎が出ることだった。
このままでも実用的に問題は無いのだが、気分の問題?
実は以前使っていた123R(火だるまにしてしまった)ではバーナー先端のチューリップ部分に少しだけ修正を加えて炎を青色にしていたのだが、その方法を忘れてしまった。(ネットを見ながら修正したのだが、何をどうしたのか大昔過ぎて記憶が曖昧)

ハンドルエクステンションを購入する時にNSクラフトのWebページに123R/8R用のニップル(ジェット)があることに気が付く。
なんでも最近の純正品よりも精度が良いニップルとのことで…フムフム、そんな高価な品でもないし試しに買ってみるか…と購入。
ただし、純正品も工業製品なので一定のバラつきがあるのは当然で、中には理想の精度を保っているものもあるはず。
NSクラフトの返信メールにも「交換しても改善しない場合や、効果が見られない場合があり得る」的な言葉があったので至極当然かと。

到着したNSクラフト製ジェット(ニップル)を交換したのがこの画像…ではありません、今まで使っていたニップルのままで青い炎に。
NSクラフトから送られてきたニップル(ジェット)には説明書もついており、そこにヘッド部分の調整方法が記載されていたが、その内容に従って調節したところ見事な青い炎に。
これを見た時に「あれ?ひょっとして俺もNSクラフト製ジェット(ニップル)買わなくて十分だったケース?」と思ったのは確か。

Optimus純正ニップルのままでも弱火で綺麗なブルーフレームに。
流石に消える直前のトロ火にするとまっ黄色の炎だけになるが、これは構造上仕方がない事。(そのままだと放熱が上回って内圧が落ち、消火してしまうしね)
しかし、一点だけひっかかる。
強火にした時に綺麗な青い炎が出てはいるが、炎の先端部に黄色い炎が散見される。(デジカメでは写せなかった、4Kフォトなら切り出せたのかも?)
決して嫌な炎ではないのだけど…ここまで来たら出来る限り青くしたくなってしまう。

ということでNSクラフト製ニップルに交換した後の炎がこちら。
強火にしても炎の先端が黄色くなることは激減し(皆無ではない)、ほぼ青い炎で燃焼するようになった。
外した純正ニップルの内側を見ると黒いナニかがびっしりとこびりつき、恐らく赤ガスを多用していたことで燃え切れない添加物などが付着したものと思われる。
ニップルの中心の燃料が噴き出す穴付近にはタール状の汚れがついていなかったので大きな影響はなかったと思うが、穴の精度が悪いと燃料を綺麗に噴霧されずに炎が偏ったりするのでNSクラフト製のニップル(ジェット)は買いかと思う。

123Rに関しては他にもノブハンドルや消音ヘッドなど気になるパーツがまだまだあるが手元の資金には限りがあるので今年のキャンプシーズンはひとまずこの仕様でいこうと思う。
なんだかんだでオリジナルの爆音も雰囲気として捨てがたいんだよね。(チューリップをもう一つ買ってノーマルヘッド/消音ヘッドと使い訳する遊びも考え中)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/735-658faca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック