blog バイクにのる人
麗美・REIMY 「R」
FMラジオで聞いたことのある曲が流れ、それが暫く耳から離れず、気になって調べたら麗美(REIMY)が歌う「空が一面海に見えた日」という曲だった。
遥か昔に聞いたことがあった曲だったのでアーティストも曲名もすっかり忘れていたが判明したところで思い出した、松任谷正隆・松任谷由実夫妻の全面バックアップを受けてデビューした女の子…だけなんだが。
私が中学生か高校生なり立ての頃にやはりFMラジオ(たぶんNHK-FMのサウンドストリートあたり)で紹介された時、たまたまカセットテープに録音されたのを聞いていたのだと思う。
曖昧な記憶では録音機材なども少しだけ充実している環境なので高校生になった最初に秋に引っ越しした後のことなので1984年9月21日にリリースされた2ndアルバム「R」のプロモーションの一環だったのだろう。
麗美(REIMY)のアルバムは買うことなく、この録音(エアチェックと当時は呼んでた)だけで済ませてしまい、音楽の興味がブラスロックからラテンフュージョン、そして当時流行ったユーロビートへ流れてしまったので麗美(REIMY)というアーティストとの接点はそれだけだった。
…が、今回はiTunesにも置いてないのでオンデマンドCDを…と思ったが、CD-Rよりは経年変化を気にしながらもラインでプレス生産されたメディアを入手した。

最大のお目当ては「空が一面海に見えた日」。
歌詞をよく読むと1972年5月5日の沖縄返還がキーとなっているのを今更ながらに知る。
「ゆっくりと船は岸を離れた」「光る翼がかすめ飛んだあの5月」、沖縄返還でアメリアkへ帰国する友人だった米軍関係者の子との別れを歌ったもの。
当時、小学生の低学年だった彼女にとって親友と思われる友達が帰国するのは辛かっただろう。
この曲、割と知名度が高い割に収録されているアルバムが2枚だけという少ない実情に「沖縄返還」というナイーブなテーマが絡むので避けられたのかと邪推してしまう。

他の曲は記憶に残っていなかったが、「残暑」は松任谷由実本人がカバーしたもので耳にしていたので曲自体は知っていた。
客観的には歌唱技術などで松任谷由実版が良いと言えるが、この曲に関しては麗美版が個人的には好み。
一部のファンには「麗美ボイス」と言われているみたいだが、透明感があり綺麗に伸びる高音部分の良さをサビの部分で聴かせてくれる。
これが音域が妙に広い人が歌うと鼻歌レベルの極になってしまって「つまらない」歌に化けてしまうことがある。
音域の広さが無さすぎるのも問題だが、ある程度ピーキーな音圧がかかる歌い方が似合う曲というのがあるので、これもその一つかと思う。


個人的なイメージは松任谷由実版の濃厚で整った音作りに昔の思い出は整頓されたアルバムの写真を見て昔を思い出している気分になるのに対し、麗美版は歌詞の内容のような実年齢の少女が数年前の恋を思い出しているリアルタイムの気分になる。
このあたりは音の作り手側の意図によるものだと思うので「良い・悪い」は一切ないのだろう。

あと意外なことに「青春のリグレット」は松任谷由実本人が歌う「青春のリグレット」に記憶が塗り替えられていて麗美版は完全に忘れており、今回初めて聞いた気持ちになった。(テープで聴いていたはずなんだが…)
wikiなどで調べたら麗美本人は「青春のリグレット」のレコーディング時にアップテンポにして欲しいとお願いしていたそうだが、認められなかったとか。
その後の松任谷由実本人が歌う「青春のリグレット」ではアップテンポになっているので賛否両論だろう。
個人的には曲としては麗美本人が願ったようにアップテンポが望ましいのかもしれないが、麗美版を聞くとスローテンポのアルバム収録版が歌詞の内容の心情を表現するのにマッチしている気がしてしまう。
このあたりは別アーティストだが飯島真理の「天使の絵の具」がアニメの劇場版マクロスに使われたバージョンと、オリジナルであるブランシェ版のようなものかと勝手に想像している。(アニメ劇場版は派手な音源でアップテンポ、オリジナルはシンプルな演奏でスローテンポ)(※飯島真理は編曲者の清水信之氏の音つくりが気にいって聞いていた、他のアーティストの曲でも個人的に気にする曲は清水信之氏のものが意外と多い)

麗美本人はアルバム3枚を制作した後に松任谷夫妻の元を離れ、現在はREMEDIOSとしてドラマ・映画のサウンドトラック、CM音楽等、劇伴作曲家として活動しているとのこと。
透明で伸びる高音の麗美ボイスも松任谷夫妻の元を離れたあとは影を潜めたらしく、若い時の一瞬のきらめきだったのだろうか。
コメント
この記事へのコメント
こりゃまた懐かしい。というか麗美を知ってる人がいるとは驚きです。
自分は「残暑」が好きで、それ以外の曲もこちらのアルバムで聴いたのが先だったからか、ユーミン版は受け付けないほど評価しています。いましたw

ジャケットに見覚えがあるので、テープで所有してただけじゃなく、たぶんLPレコードで押し入れの中にしまい込んであるのかな。
探して音源取り出してみようかなぁ。
2019/07/19(金) 18:59:42 | URL | イワタ #-[ 編集]
Re: イワタさん
お久しぶりです、麗美をご存知でしたか。
当時の音楽雑誌では松任谷夫妻のイチオシとして話題になってましたが…時代が悪すぎましたね。
荒井由実として活動されていた頃であれば実力さえあれば(ある程度は)メジャーになれたのですが、1984年だと既にプロモありきの時代になってしまい、一にプロモで二にルックス、実力は三の次で歌の上手さやセンスはポイントにならなくなってましたから…。

オンデマンドCDでこういったアーティストの楽曲が手に入る良い時代になったと思います。
わざわざカセットテープ(それもノーマル…というかノーマルしか手に入らない)に落としてラジカセで聴きたいですね。
2019/07/23(火) 15:02:06 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/751-c3851f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック