blog バイクにのる人
モバイルルーターAterm MR03LNの電池を交換
KindleFireなどで活用しているモバイルルータ NEC Aterm MR03LNを活用して5年程経つ。
SIMフリーでなのでスマホをau系、モバイルルータをドコモ系のSIMにして異なる2つのキャリアを使えるようにしているのだが…最近は裏蓋が勝手に開くようになってしまっていた。
ということで交換用の電池を取り寄せた。
現状は定番の電池が膨れてしまい裏蓋を押し上げてしまう状態だが、幸いにも電池交換式を前提に選んだMR03LNだったので裏蓋の押し上げだけで済んだ。(スマホだと液晶を歪めながら押し上げてしまう)
早速電池を…と思ってネット検索してAmazonなどで格安の互換品があることに気付くが、レビューを見ると「半年で膨れてきた」「1年経たずに劇的に容量が劣化した」など芳しくないレビューが数多く見受けられる。
勿論、正常に使えているケースもあるのだろうが、安いという事は大量生産して歩留まり気にせず検品甘々で出荷しているから当たり外れが大きく出るのだろう。

純正電池を探してみるとNECプラットフォームが運営するShop@Atermで純正バッテリーをネット通販しているのが見つかった。
お値段は4千円弱と互換品のほぼ倍だが、今まで5年使えていた純正バッテリーのことを考えると信頼性と耐久性は倍以上のものがある。
尚、販売は補修部品扱い、リチウムイオンという特性からか梱包は1個までとなっていた。

届いたいわゆる「電池のアレ」、リチウムイオン電池の内部にガスが発生して膨らんでくるアレだ。
こうなっては交換しなかく、間違っても針で穴を開けてガスを逃がすなどということをしてはいけない、ダメ、ゼッタイ。(最悪、発火炎上する危険性を伴う)
これでも裏蓋の押し上げを気にしなければ電力は供給してくれるので、すぐに廃棄はせず、暫くは予備電池として残しておくつもりだ。

装着直後の電力は1/3ほど、満充電させてから2回から3回ほどバッテリーを使い切ってから充電を行って活性化させる予定。
このモバイルルータもいつまで活用できるかわからないが、あと数年はトラブル無く活用できることを願うのみだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/752-1dcf8330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック