バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
内山牧場キャンプ場
0705261.jpg某スレッドで5月GW連休中のキャンプ場をどこにするか?という話の中で出てきた候補の一つが長野県佐久にある内山牧場キャンプ場だった。(結局は同じ長野県の山田牧場キャンプ場に決まったのだが私は行けず仕舞い)
WEBで内山牧場を検索したところ、景色も良く樹木に覆われていないので星も良く見えるということで気になっていたのは確かだった。
ソロで行ってしまおうかと考えていた5月の終わりに突発的なキャンプオフ開催ということで行く気たっぷりだったのだが、家の用事が午後3時くらいまで入ってしまい断念しかけていたところ、家族に相談すると午後3時以降からOKが出て急遽スクランブル準備!

ところが日曜日にはヤマハ2stオーナーズクラブのReiZミーティングが奥多摩であるのでスケジューリングに困ってしまった。
いつもならキャンプで夜の宴会を楽しんだ後はまた~り撤収して都内に入るのは昼か午後早目のタイミング、しかしReiZミーティングは奥多摩で昼の12時から開始するので撤収・出発を早めにしなければならない。
更にRZ250にキャンプ道具満載で奥多摩周遊道路を走るのもつまらないので荷物なしの身軽な格好でミーティングに参加したい…。
これらの条件を満たすには内山牧場キャンプ場にはGPZ900Rで向かい、日曜の午前9時までに自宅へ戻ってRZ250に乗り換えて奥多摩へ出発というアイデアが真っ先に出た。
RZ250で高速道路を走るよりはトルクもパワーも上のフルカウルなGPZ900Rならば疲労度も少なく荷物も多く積めるのでメリットは多いのでGPZ900R/RZ250の両刀で週末をと思っていたところで重大なことに気が付いた。
「任意保険の更新を怠っていたかも…」
GPZ900Rの任意保険は毎年連休前に更新していたのだが今年は風邪が長引いたことや仕事が忙しかったことも合って忘れてしまい5月の半ばで切れてしまっていたのが保険屋への電話で判明。
出発目前になってGPZ900Rが使えなくなってしまったので急遽RZ250にて内山牧場キャンプ場へ向かうことになった。

0705262.jpgシート面積やパワーなども考えて荷物を極力軽く・小さくする必要があるのでテントをミリタリーテントからバックパッカー1ポールテントに変更し、キャンプバッグに入れていた装備を削ってタンクバッグに全て入るように調整。
結果、リアシートにはシュラフ・マットが入ったチューブとテントだけが積まれ、タンクバッグの中にストーブ・電灯系一式・調味料・ネイチャーストーブ(S)などが詰め込まれた。

0705263.jpg荷造りが完了して自宅を出発したのが午後3時を僅かに過ぎた頃に出発し、関越道 練馬ランプから高速に乗る。
クランクベアリングとウォーターポンプのベアリング音に違和感を感じ始めているので6速5000rpmを中心にして3車線ある高速の左端車線を流しながら走り、上里SAで給油後に上信越道 下仁田ICでR254へ降りる。
R254を佐久へ抜ける内山峠目指してトラックに間に挟まりながら走るが沿道に見えるのは「下仁田ねぎ」と「下仁田こんにゃく」の看板ばかりwww
R254新道の下仁田トンネルを過ぎたところで県道44号線に抜ける細道に入る。
すれ違う車は1台だけだったが道はグネグネ、センターラインなどもある訳がない細い道がしばらく続く。
後で地図を見たところ下仁田トンネルを過ぎてカーブ2個目の細道に入らず、カーブを5個ほど過ぎたところの細道に入ったほうが多少なりとも楽に走れ、更に気が付いたのは内山峠をパスする内山トンネル手前の細道を使ったほうがグネグネカーブが少なく時間も燃費も節約できて疲労度も少なかったかもしれない。
(個人的にはグネグネ細道は大好きなんだが…)

0705264.jpgそんなこんなで内山牧場キャンプ場へは夕方6時過ぎに無事到着し、そそくさと設営。
到着時は風が少々強かったものの夜には治り、月明かりの中に浮かぶ荒船山を堪能しながら妙な辛味を持つ「びら鍋」を堪能して夜の11時過ぎに就寝。
しかし、急な荷造りもあってネイチャーストーブ(S)用の焼き網とガスストーブ用の風防をしっかり忘れてしまった。
焼き網はネイチャーストーブの標準装備である天頂部に取り付けるX字の金具(いつもは使わないが、念のためにと常に荷物入りしている)に食材を乗せて対処し、風防は机代わりの折りたたみイスを折り曲げて横にするなど適当に対処。
空の広さは鎌ヶ池に負けず劣らずのキャンプ場だが、一つだけ残念な点があるとしたら北西の空は佐久の街明かりの影響を受けやすく今回も淡い光が常に見えていたことだろうか。
0705265.jpg幸いなことに東・南・西方向には大きな街が存在しないので季節の星座を堪能できる。(但し山が続くのでエリダヌス座など地平線近くの星はまったく見えない)
フリーサイトの一番奥(つまり一番高いところ)に設営したが、トイレから最も遠く風も強くあたるものの景色は最高、且つ四輪で来た人たちから最も離れる場所になるので、次回もこの場所に設営したい。
コメント
この記事へのコメント
謎解き
・東京から参加の白い250cc...
・毒蛇柄のアンテナ→いつものアンテナ、緑のテント→R-134と即答する様子
・日曜早朝に別ミッションがあった

つまり、分家スレの飛び込み初心者=Ninja糊氏だったということなんだよ!!!

Ω ΩΩ<な、なんだってー!!!
2007/05/29(火) 09:23:36 | URL | dgr #-[ 編集]
ぐひひひ
たま~に捨てハンで遊ぶのも楽しいですよw

今回はひょっとしたらdgrさんも来るかも…とSOTO STG-28のメッシュホヤを持ってきていたのですが会えませんでしたね。
次回以降にどこかで…
2007/05/29(火) 10:57:01 | URL | Ninja糊@堀川 #-[ 編集]
追伸
内山牧場キャンプ場は最初の利用なので初心者ですよ…ボソ
2007/05/29(火) 10:59:26 | URL | Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
霧ケ峰近辺で、晴天にも関わらずなぜか道に迷ってしまい、止むを得ずビバークをしなくてはならない、でも何故か水は予め確保してある。
そんな時がいずれ来るかと思うのでその時にでも...>STG-28

それにしても内山いいですねぇ。
新月の時などに一度泊まってみたいです
2007/05/29(火) 12:33:08 | URL | dgr #-[ 編集]
自分はNinja糊氏は来ると虫の知らせを感じつつも「飛び込み初心者」氏が(ry

いずれにせよ、やむを得ず霧ヶ峰ビバークは企画しましょう。何故かプラティパスに満タンの水とともに。

無料化されたとポジティブに考え(ry
2007/05/29(火) 23:49:39 | URL | 乙尺400海苔 #-[ 編集]
ビバークはやむを得ないですもんねw
>>dgr氏
まぁ、まだシーズン始まったばかり。
何処かでお会いすると思います。
私もビーナスラインで道に迷ってしまいそう…w

>>乙尺氏
飛び込み初心者氏は皆の心の中に常に(ry
ところで、アノ場所まで続くガレた道は使えるのでしょうかね?
そういえば「かの場所」では上の段に一度も設営したことない自分に気が付いた5月の朝。
2007/05/31(木) 08:08:02 | URL | Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
では、梅雨明けあたりにビーナスラインで迷いましょうか。

事前に迷いそうな場合は内線通話で関係各位に周知する方向で。
2007/06/01(金) 00:09:42 | URL | 乙尺400海苔 #-[ 編集]
何か週末は道に迷ったみたいで...
とりあえず今回のビバークの写真です。
建物のキャンプ場の看板は取り外され、水場のドアも鍵がかかっていました。

ttp://digirider.jpn.org/image/kama070603.jpg
2007/06/04(月) 13:22:29 | URL | dgr #-[ 編集]
ビバーク大変でしたね…
レポ乙であります( `・ω・´)ショキーン

柵はそのままなのでしょうか?
迷ってしまうほどのダートが続いている…ということですね?www
なんか私も周辺で道に迷ってしまいそうですwww
(さて…何時でも道に迷っていいように装備を整えておきますか…)
2007/06/04(月) 15:14:13 | URL | 堀川@Ninja糊 #-[ 編集]
普通に迷い込めまして
どうかな?と思いましたが、ごく普通に迷う事が出来ました。
遭難者は私の他は車1台で、これは上のサイト。私は下のサイトで孤独に打ち震えていましたw

ハイキング道沿いのトイレには紙も置いてあるし、至れり尽くせりでした。
後は晴れてくれれば良かったんですがねぇ...
(夜は曇、写真を撮った時間だけ晴れだったのです)
2007/06/05(火) 08:18:18 | URL | dgr #mQop/nM.[ 編集]
よくよく考えたら
散歩道向けのトイレ施設のメンテなどで軽トラレベルは行き来する必要があるんですよね。
将来的にはゲートが併設される可能性がありますが、当面は迷えそうですね。
ひっそり迷ってビバークしている分にはグレイゾーン進行しそうですが、ハイカーの四輪駐車が目立ち過ぎるとゲート竣工されそうな悪寒(;´Д`)
2007/06/05(火) 14:15:21 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/78-a84e0f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック