バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
内山牧場キャンプ場一泊 其ノ一
内山牧場キャンプ場世間様では盆休みが無い人も多いらしいが、幸運な事に9連休とさせてもらった盆休みの残り数日を有効に使うべく内山キャンプ場に一泊してきた。
当初の予定では早朝に都内を脱出し、国道18号線旧道の碓氷峠に残る旧信越線の横川-軽井沢(通称:横軽)の陸橋などを見に行きたかったのだが、帰省や前日の夜走りに伴う寝不足が影響してか寝坊して起きたのは7時過ぎ。
結局、自宅を出発したのは8時頃になってしまい内山キャンプ場を直接目指すことにした。
07081702s.jpg都内の道は盆休みモード継続なのか下道はガラガラ、土曜の朝とは言え8時を過ぎていれば仕事関係の車が多く見られるはずだが数が絶対的に少なく関越道 練馬ICまでサクサク進む。
関越道はお盆モード全開で下り線の追い越し車線までもが100km/h巡航で流れる始末。
先を急ぐトラックや流れに我慢できない普通乗用車が右へ左へ車線を替えつつ強引に進んでいくが視界から消えることなくウロウロしていた。
こういう時は急いで強引な走り方をしてもバイク以外は効果が薄く、危険なだけなんだけど…それぞれの理由があるのだろう。

上里SAで軽く休憩をして下道に降りる場所を再考する。
以前は下仁田ICで降りてR254を進んだが、今回は吉井ICで降りてR254を西進するコースを選んでみた。
単に数百円でも高速代をケチるとどうなるか知りたかっただけなのだが、予想以上にノロノロペースだった…次からは迷わず下仁田で降りよう。
途中でR254バイパス「シルキーライン」に入るが、富岡市に入ったあたりで反対車線にネズミ取り(レーダー)実施中を発見、富岡総合病院のあたりだが速度をうっかり出してしまう道路形状なので次回以降にここを走る時は気をつけるようにしよう。(自分への備忘録)

07081703s.jpg40分かけて(追い越し・追い抜きせず、車の流れに乗って)下仁田IC前を通過するが、吉井IC-富岡IC-下仁田ICの2区間を高速利用すれば10分かからない時間で通過できる。
この時間と金額をどう取るかだが、個人的には疲労度の方が大きいかもしれないので昼間なら高速、早朝や夜間であれば下道になるかもしれない。
但し、食材などをキッチリ揃えようと思った場合、下仁田ICで降りるとR254を富岡方面に戻らないと大型スーパーが無いことから、富岡ICで降りるのみ一つの手段だと思う。
吉井から下仁田まで抜ける間にいくつのベイシアを見たことか…

内山牧場キャンプ場下仁田役場前を過ぎると急に店が少なくなり、R254新道の山道へ突入。
前回はR254から内山牧場キャンプ場へ抜ける道を白井平から内山峠に抜ける旧道にしたが、正直なところ細かいカーブが多すぎてつまらない道だった。
そこで今回は内山隧道を越えてしまうことにしたが、まず気になったのが初谷鉱泉を抜けていく細~い道。
ところが地図ではさほど大きく取り上げられていない道だったこともあり、軽トラ1台がやっと通ることが出来る細い道&荒れている…
重量的に「クソ重たい」と言われているGPZ900Rで抜けるのは疲れるだけと判断して初谷温泉手前で引き返す。
この道はRZ250で来た時にもう一度だけ試してみようと思う。(オフ車が欲しい今日この頃)
悪路に挫折したので内山隧道に戻り、佐久側出入り口そばにあるR254旧道から内山牧場を目指す。
この道は旧道ながら現在も国道として整備されているからか路面は良好、しかも下仁田側のグネグネヘアピンカーブは皆無に近く快路。
あとは内山隧道の下仁田側出入り口そばにあるR254旧道へのショートカットも気になるが、11時過ぎには到着して設営開始。

内山牧場キャンプ場昼飯を食べつつ、人がほとんど居ない芝生の上で荒船山を見ながらマットを座椅子状態にするキットを組み合わせてマタ~リ。
今回はナチュラムで安く売っていた「ちょこっとタープ」を試してみたかったのでミリタリーテントの前に設営してみたが、今まで愛用していたISUKA ウルトラライトタープと比べて一回り大きく、生地もウルトラライトタープより少しだけ厚みがあり遮光性もアップ。
ヘキサタープなどと比べればオモチャのようなタープだが、4千円しない価格ならこれで十分だろう。
昼食用のビールを1本飲み干すとタープの下で座椅子に体を沈め、涼しい風に吹かれてしばしの休息。

内山牧場キャンプ場散歩ついでに内山牧場キャンプ場の北側をチョイ歩きする。
テントサイトの北側に小高い丘というか山があるのだが、そこに続く細い道を上っていくと水道施設があるだけだった。
キャンプ場から見える小高い山の電線はこの施設への電力線だったようだ。
道を戻り山の北側を見ると一面はコスモスらしき草がびっしり。
秋には一面がコスモスだらけになるのだろうか?
道を更に進むと牧場の裏を通る県道44号線に接続していた…に見えたが木の柵が設けられて出入り禁止になっていた。

内山牧場キャンプ場テントに戻り、再びタープの下で座椅子に体を沈み込ませてうたた寝する。
南に大きな積乱雲が見えたが、携帯の気象情報で雲レーダーを確認すると神奈川南部に雷雨を降らせている雲らしい。
南南西にも積乱雲らしき雲が見えるが、ピンクがかって更に遠くに位置することを示す。
恐らく静岡あたりの雲だろうか?
思わず去年の鎌ヶ池キャンプ場で諏訪と小渕沢の雷雲が育つのを眺めながら呑んでいた事を思い出す。


内山牧場キャンプ場弱い西日の中で再び微睡みつつ夕暮れの中で夜食を調理。
今日は突発的なキャンプだったこともあって食材は手持ちの乾燥モノばかり&乾きモノのツマミ。
簡単にペペロンチーノモドキを作り、パスタ麺の煮汁にスライスニンニクとブイヨンを投下して簡易スープを作る。
味の調整はどちらもクレイジーソルト、以上。
本来なら食材を買いそびれた時の為の非常食の一つだが、今回は食べるよりはまったり過ごすのが主体なので丁度良い。
ツマミとして「あたりめ」なども持ってきてはいたが、今回ばかりは組み上げたネイチャーストーブ(S)に火が入ることはなく、炙らず口に含む。

本日の内山牧場キャンプ場はバイク数人の組が1つ、四輪の組が2つ、そして私だけという非常に静かな状態だった。
最初は温泉目当てに平湯キャンプ場も考えていたが、数年前の盆に浴槽で芋洗い状態になったのとキャンプ場のDQN率の高さに嫌気がさしていたので内山にして正解だったかもしれない。(それでも今年の盆休みは短い人が多かったらしく、今日の平湯は空いていたかもしれない)
普段なら日付が変わるまで酒をチビチビやりつつ過ごすのだが、この日は疲れていたのか寝不足だったのか21時頃には眠っていた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/92-3aa8e2f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック