バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
内山牧場キャンプ場一泊 其ノ二
内山牧場キャンプ場早々に落ちてしまった昨晩だったが、深夜2時頃に目が覚める。
夕食を17時椙に軽くパスタで済ませたこともあり小腹が減ってきたので棒ラーメンで腹を満たす。
外を覗けば空は雲に覆われて星空が見えぬどころか霧になっていた。
棒ラーメンを食べ終え、コーヒーを飲みながら一服していると時折フライシートを叩く雨の音。
一足早いコオロギの音と一瞬だけ聞こえる雨の音、そして夜霧の狭間に浮かんでは消える荒船山。
そんな光景を見つつ再び睡魔に襲われて二度寝。
目が覚めたのは7時過ぎ、外は相変わらずの曇り空だが雨は降っていない。
携帯電話で気象情報を確認すると軽井沢方面は雲に覆われて部分的に小雨らしい。
昨日のうちに碓氷峠のR18旧道に立ち寄っておけばよかったと後悔しつつ撤収、とりあえず佐久に抜けて軽井沢を目指すことにした。

志賀牧場キャンプ場8時半頃に内山牧場キャンプ場を出発するが、佐久までR254を使うのもつまらないということで、キャンプ場の周りを迂回しながら佐久に向かう県道44号線を通ることにした。
昨日の散歩で見かけたコスモス畑を右手に見つつキャンプ場裏の交差点を左折して県道44号線をそのまま進む。
道の途中に志賀牧場キャンプ場を発見するが、ネットの情報では既に閉鎖されているとのこと。
道から見えるテントサイトとおもわれる場所は星空を見るには少々物足りない感じだが、更に別の場所にテン場があったのだろうか?
今となっては閉鎖されてしまったキャンプ場なので知ったとしても何も出来ないが…

スエトシ牧場のポニー道の途中で小さな牧場に出会うが、左手には沢山のポニーが居て右手には乗馬用のサラブレッドもしくはアラブ系の未勝利?と思われる馬達が沢山。
単なる乗馬系の牧場と違って見えたのは柵の一つに「馬の養老院」と看板がかかり、強引に四国で「競走馬のふるさと」を作ろうとしていた勘違いな女性と違って好印象。(ハルウララの件といい現場の意見を無視した強引な手法は個人的に大嫌い、所詮は手を綺麗にしたまま馬の世話をしようと足掻いている人でしかないと思う)
この牧場はどうやらアチコチの看板にあるスエトシ牧場らしい。
その看板とは何かというと…どうも県道44号線は崩落した箇所があるようで「通行止め、スエトシ牧場までは行けます」の看板が幾つかあったのだ。
この場合の看板はバイク程度であれば通る隙間がある場合でも立っていることがあるので、ダメ元覚悟で走り続けていた。
県道44号線通行止め現場が、やはり通行止めになっていて完全に通れなくなっていた。
本当に通行止めならば内山牧場キャンプ場裏の交差点で看板を出しておいて欲しかった…と愚痴を言いつつも看板を無闇に出せない理由などもあるのだろうから仕方なく道を戻る。
最初に通行止めの看板があった場所まで戻るが、片側車線を塞いでいる割になんとなく横の小道に誘っているような…ここでツーリングマップを取り出し道を確認すると県道44号線の北にある県道138号線(香坂中込線)に抜ける小道らしい。
距離は目測で大凡6~8km程度、ここまでくると何が何でもR254以外で佐久に抜けたくなっているのと、ダート区間は無いようなので進んでみることにした。

屋敷平開拓付近道は軽トラがやっと通れるような細い道に加えて割れたアスファルトの隙間から草が生えまくる生活道路というよりは単なる林道。
ちょっと前までは砂利が敷き詰められた山道だったであろう場所だと思うが、重量級のバイクではペースも上がらず小枝が落ちまくっている箇所では前後輪が同時に枝に乗ってヒヤリとするなど素人にはお勧めできない楽しい道だった。
途中でヘルメットを通して聞こえてくる時雨セミの声にエンジンを止めて暫し聞き入る。
前後から車が近づく気配も無し、ものの数分だったが心が洗われた気がした。

国道18号線-軽井沢林道を走り終えて県道138号線に出ると香坂ダムを左に見つつ佐久方面へ走り抜け、県道44号線に合流せずに上信越道の側道を右折して県道156号線に出た。
湯川ダム近くで国道156号線を左折し軽井沢大橋を渡って国道18号線の追分交差点に出る。
しかし、香坂ダムでは晴れていた天候も軽井沢大橋を渡る頃には小雨混じりとなってシールドに雨粒を滴らせていた。
碓氷の山を見上げると雲に覆われて旧信越線の陸橋が見えるかどうか怪しい状況になってきた。
国道18号の碓氷バイパスと軽井沢駅方面に別れる分岐では完全に雨、これでは旧道を走るのも危ないのと面白くないので今日は撤退。
レインウェアを装着すると上信越道 軽井沢インターチェンジまで抜けて高速に乗ると横川SAでお土産の釜飯を購入して給油も済ませると関越道 上里SAまで走り抜ける。
上里SAに到着する頃には雨も軽い霧雨程度になっており、携帯で雨具もレーダーを見ると埼玉・東京方面は雨ではないようだ。
上里SAに止まっていた他のバイク達は雨装備を崩さずに出発している人もいたがレインウェアと後ろの荷物カバーが邪魔なのと、雨が降っていないのにレインウェアは暑いので全て片づけてしまい身軽になって一気に走り抜けることにした。
賭けには勝ったようで、新座料金所を通過して練馬ICを出るまで雨らしい雨粒に出会うことなく東京へ到着。
その後、自宅に戻るまでの間も雨には降られなかった。

家に戻って内山キャンプ場から佐久へ抜けようとした県道44号線の通行止め区間を回避するのにもっと適した道はなかったかデジタルマップで探してみると…内山牧場の北側の交差点近くからここまで別荘地を抜ける小道があるようだと判明。
ただし、内山牧場の北側の交差点を左折してすぐの位置に目立つような道が視界に入らなかったことから、一般車が頻繁に通るのは顰蹙ものの道なのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
吉井で降りると時間かかるんですね。自分は富岡で降りてバイパス沿いのベイシア&カインズで食料とガスボンベを入手してから向かってますね。内山は食料や酒の調達が遠いのが‥‥。ただ、254使って佐久に出るのが意外と早かったりするんですが。
初谷鉱泉の道は大型車だと疲れます。ただ舗装はされてますので後は気持ちの問題化と。
この時期内山で流星群見たかったなあ。夜はすごしやすいようだし。十月には絶対に行ってやる~@九月いっぱいまで仕事で鹿児島(夜も超暑いっす)
2007/08/19(日) 18:46:25 | URL | かぎま #-[ 編集]
初谷鉱泉ルートは断念して正解?
上里SAまでは藤岡ICで降りて県道13号線から鮎川沿いに走る道を通ってR254に出る予定でしたが、地図を見て早々に挫折し吉井ICまで引っ張ったのですが引張りが足りなかったようで…
吉井町役場前からR254バイパスまでが信号のつながりも悪くペースを上げられず疲れだけ残りました。
富岡-下仁田間は良いペースで流れていくので(下仁田役場前で少しだけ鈍いペースになりますが)東京方面から向かう場合は食料調達を富岡市街で済ませるのが正解のようですね。

流星群を見るのであれば内山のロケーションは少々不利かも知れませんね。
北からの風があると浅間山周辺で雲が発生しやすく、視界が遮られる事が多いです。
星を見るならば浅間山を越えるのが大昔の天体観測仲間の意見でした。

9月いっぱいは鹿児島ですか…暑さでバテないようにご自愛くださいませ。
某鎌のゲリキャンが絶望的になったのが本当に残念ですが、10月には星見キャンプを堪能できることを願いましょう。
2007/08/20(月) 18:59:55 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
星見キャンプ‥‥‥wktkしてきました。
そういえば天体観測趣味の連れが冬、よく筑波山のほうに行ってたっけ。
2007/08/22(水) 02:05:18 | URL | かぎま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/93-a4d4b2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック