バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
碓氷峠の鉄路よ永遠に…
碓氷峠の鉄路よ永遠に…突然、鉄ネタ。
「熱心な鉄道ファン」ではないが、祖母宅が新潟県の上越地方ということもあって東京と上越の間を何度も行き来することがあった。
今は高速道路も開通し国道も新道になるなど下道も改善されているが、子供の頃は鉄道しか有効な手段がなかったこともありタイトルの碓氷峠越えを何度も体験していた。(当時、家族に車の運転免許保持者はいなかった)
うっすらと記憶に残っているのは普通電車だろうが特急だろうが横川と軽井沢に必ず停車して機関車を接続することと、横川で窓越しに釜メシを買って食べるが1時間もすると車両の出入り口近くやシートの下には釜メシの空き器が大量に重ねられるとか、各駅停車(鈍行)は時間調整のために小諸駅で30分も停車していたので駅ソバ食べても時間が余ったことなど。
高校生になってからはアルバイトなどの都合で祖母宅に行かなくなってしまい気がつけば横川-軽井沢区間(一部の人達は横軽と呼ぶらしい)は廃線、軽井沢-長野区間は三セク化され、信越線の名は長野から北だけになってしまっていた。

碓氷峠の鉄路よ永遠に…今年の帰省時に家族と一緒に横川にある鉄道文化村(旧横川運転区)を訪れたが、ふと目に付いたのが表題のDVD。
後にも先にも子供向けDVD以外に鉄道関係の映像モノを買ったことは無いのだが、子供の頃に見た景色が見たくなってしまい懐かしさで購入したが非常に濃い中身に……感動。
昭和40年代後半からしか記憶が無いが、DVDに納められていた映像の一部は子供の頃に見た横川駅がそのまま切り取られたように収録されている。
しかも今になって知る碓氷峠専用として存在したEF63のことやL特急「あさま」も信越線仕様であったことや、碓氷区間ではサスペンションのエアを抜いていたなどの情報。
幼心にも峠越え区間の特急「あさま」は線路の継ぎ目を強く感じるなと思っていたが…
最後に一度くらいは祖母宅へ電車で向かえばよかったと後悔してしまった。
しかも、横軽消滅の年に祖母宅へバイクで向かうことがあったが、昼間の国道18号を延々と走り抜けるコースだったので横軽区間の線路脇には「熱心なファン」がカメラのレンズをずら~っと並べて通過する車両を待っている光景に遭遇していた。
電車を押し上げるロクサンか廃線に伴なって企画された特別列車を撮影するために待っていたのだと今になって理解。

碓氷峠の鉄路よ永遠に…DVDに納められた最後の碓氷越え運行となった特急「あさま37号」がEF63に押し上げられつつ横川駅を出発する時に鳴らし続けた長い長い警笛音に不覚ながらもジーンときてしまった、子供の頃にお世話になった・慣れ親しんだ信越線が消えた日であったと。
高速道路と新幹線、確かに便利で速く移動できるのだが沿線の経済活動に貢献しているのかと問われれば疑問符しか返せない。
利便性は飛躍的に向上したと思うが、何かを無くしてしまった気がする。
上越付近も国道18号線がバイパス化されたのはいいが、旧道にあったドライブインや店は見る影も無い。
そのバイパスも道の駅が少々あるだけで自分でも「つまらない道だな」と思ってしまうのが現状。
(10年以上の歳月をかけてバイパス周辺の経済環境を整備するつもりなのかもしれないが、その頃には手遅れかも…)

※二本木のスイッチバックも何時まで残るかぁゃιぃモンです。
コメント
この記事へのコメント
横軽
激しく色々書きたいけど、今日中にやることやらねば。明日書くー。明日、明日ー。
信越本線の話しも、碓氷峠旧道の話しも。
2007/08/30(木) 21:47:53 | URL | シゲ #HfMzn2gY[ 編集]
なんだなんだwww
おひさしぶりっス。
で、なんか壊れてるーwww
曖昧な記憶しか無い碓氷峠区間だけど、シゲさんの書き込み期待ageで待ってますです。
2007/08/30(木) 23:36:37 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
あっ
忘れてた…
2007/09/07(金) 08:09:10 | URL | シゲ #HfMzn2gY[ 編集]
やっぱり…(゚∀゚) アヒャ!
2007/09/07(金) 10:33:57 | URL | 堀川@Ninja糊 #EpMFb19M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ridesbike.blog97.fc2.com/tb.php/95-fe4ece21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック