バイクにのる人
SSC HomePage : http://kaki-p.o.oo7.jp/
RZ250タイヤ交換
梅雨の晴れ間(今年は空梅雨模様だが…)にRZ250のタイヤ交換を行った。
「あれ?この前ホイルバランスを行ったんじゃ…?」そんな声が聞こえてきそうだが、実はホイルバランスの時にタイヤの溝が残り少なくなっているのに気が付いた始末。(更にホイルバランスの時にブレーキパッドの交換も行っている)
賢い人であればタイヤの到着を待って同時に全部やるのだろうがバイク屋に頼む訳でもなく自分で行う作業、「やりたいときにやる」でいーんじゃないかな。
2stオイルレベルセンサーの洗浄
RZ250は2ストロークエンジンなのでミッションオイルとは別にシリンダ潤滑用のオイルを別に必要とする。
この2stオイルのタンクにセンサーが設けられており、量が足りなくなってくるとメーターパネルの上段から2段目の赤ランプが点灯する仕組みになっているが、最近は2stオイルがたっぷり入っていても点灯するようになってきた…なんで?
RZ250ホイールバランス
たまに高速(みたいな第3京浜や首都高湾岸線など)を使うRZ250で気になっていたことがあった。
一般道の制限速度である時速60km程度であれば気にならないが、80kmあたりでハンドルに微妙な振動を感じることに気が付いた。
うん、バランス崩れてるね、コレ。
フロントホイールを見るとバランスウェイトが一つも無い…確か20gほどのウェイトが貼り付けてあったはずだが…
RZシート補修&シオヤ夜走り
GPZ900R水漏れにつきGW休み中はRZ250一択になってしまったが、連休半ばの雨と強風の日は出かけずにRZ250のシート補修を行った。
数年前に穴が開いてしまったので皮の裏側から補修材を貼り付けていたが、最近は補修してなかった箇所に穴が開いてしまっていたのを放置してたので簡単に補修を実施。
RZ250フューエルタンク修理(2
先月の頭に行ったフューエルタンクのガソリン漏れの修理は無事成功したらしく、その後は問題なく使えている。
そこで2014年5月の記事「RZ250のタンクに穴」で交換した塗装が綺麗だけど穴が開いているフューエルタンクにもワコーズ タンクライナーを使って復活させてみた。
RZ250フューエルタンク修理
8月中旬にガソリンが漏れている事が発覚したRZ250のガソリンタンク。
中古で代わりを探すも優良物件が少なく、状態が明記されていないにもかからず3万円越え…本当に調べてないのか、意図的に隠しているのか判断がつきかねて手を出せなかった。(明記されていない場合は穴空きタンクと見るのが普通の考え)
RZ250フューエルタンクに漏れ発覚
盆休みも最後の日曜、ふと横浜まで走ろうとRZ250を引っ張り出した。
帽子をリアのツールボックスへ入れようとシートを外した時にガソリンタンクの異変に気が付く。
タンクがボルトで固定されている部分のゴムブッシュが一部溶けて崩壊している…しかもガソリン臭い。
RZ250ブレーキキャリパ点検
敬老の日の朝、RZ250を軽く走らせた時にフロントブレーキのメンテナンスを数年ほど行っていない事に気がつく。
ブレーキパッドを交換したのは2010年3月、その後はパッドのローテーションなどを行ってはいるが、ここ2年ばかりは目視でパッドの残量をチェックするのみだったので手をつけることにした
RZ250水漏れ-その後
先週に水漏れチェックを行い、試験的な対処としてラジエタキャップを予備の品と交換RZ250。
翌日に実走して確認…と行きたかったが、ガソリンタンクの交換という余計な作業も行ってしまったためにタンクからのガソリン漏れ対処であーだこーだしてしまう状態となりラジエタキャップの交換の効果が曖昧になっていた。
RZ250のタンクに穴
日曜の午後、横浜の用事を終えて帰ろうと走り出した時に右足にヒンヤリとした感触。
先々週の水漏れ疑惑の関係で入れすぎていた冷却水が漏れていた?いや、それだと場所がおかしい。
信号待ちでグローブを外して太もも内側の濡れた場所を触り匂いを嗅ぐと…芳醇なアロマが刺激臭となってセルフ化激しい業界では口にしなくなった「現金でレギュラー満タン!」という言葉が脳内を駆け巡る。

うん、漏れてるね。

幸いにも微かに滲む程度。
先週のタンク交換時の確認では漏れていなかったので錆の浸食が進んでいた所に浸されたガソリンが時間を掛けて錆を崩して行ったのだろう…と、今更ながらに思っても事態は好転しないので滲み程度で済んでいる間にさっさと帰宅してしまおうと高速に乗った。
RZ250水漏れチェック&ガソリンタンク交換
謎のラジエタ液漏れから約2週間、RZ250の保管場所には新たな水漏れの兆候が無いか点検の為に引っ張り出した連休最終日。
ラジエタ周りに手を付ける前に物凄く気になっていたガソリンタンクの汚れ…流石にそろそろ限界だ。
ということで水漏れチェックのついでにガソリンタンクも予備の品へ交換した。
RZ250水漏れ?
日曜日の午後、出先から戻ろうとしてRZ250のサイドスタンド付近に緑色の液体が拡がっているのが視界に入った。
どう見てもクーラント液、恐らくRZ250のだろう…。
さて、どーしたもんか…家まで約1時間、距離にして40kmはある。
箱根で黒たまご&RZ250キャブ同調
連休最後の5月6日、GPZ900Rの低回転域の不調で連休の中盤が潰れてしまったのでRZ250も動かしておきたいという単純な理由から早朝の都内を後にする。
朝5時、配送のトラックも姿を見かけるが行楽に出かける車の姿は無く、皇居の堀の周りの道は静かな朝を演じていた。
目指すは箱根、最終目標は大湧谷の黒たまごをゲットすることだ。
RZ250クラッチワイヤー交換
先週の日曜、横浜の用事を済ませて帰路についた時の事だった。
国道15号線を品川方面へ向かっていた時、鶴見の信号待ちでクラッチを握ったところ(ズリュッ!)という感触と共に、クラッチレバーの遊びが飛躍的に増えた。
冬支度その3
徐々に気温が落ちてきている関東、日中の気温が10度を超えない日も出てきた。
先週あたりから日中でも高速を走ると水温系が左(COOL)へ貼り付いたまま動かない…と、いうことで冬恒例のRZ250ラジエターガムテープ貼りを実施。